あらためて!

こんにちは。 Top Worka-Body福岡店 トレーナーの青木玄太です。   食欲の秋!!という事で 当たり前ですが、忘れがちな食事のポイントをあらためて! 212c2c1f-s 1.ご飯と動物性脂肪を同時に多量に摂らない ご飯を制限するダイエット法がある一方で、ご飯そのもののダイエット効果も知られています。実は、ご飯をダイエットに利用する場合、たった一つの注意で体重をプラスにもマイナスにもすることができるのです。それは、動物性脂肪。ロースやサーロインなど脂身の多いお肉、レバー、チーズなどに多く含まれています。これらを同時に摂りさえしなければ、ご飯は立派なダイエット食として活躍します。 2.アルファリノレン酸 同じ脂質であっても、えごまやフラックスシードのオイルにはアルファリノレン酸が豊富に含まれています。アルファリノレン酸には、善玉コレステロールの働きで、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、食事に摂り入れることで食べても排出するというサイクルを作ってくれます。 3.薄味のおかずで食べる 味の濃いおかずは、食欲を刺激します。味つけ薄めのものを選ぶだけで、食欲はかなりコントロールされます。 4.野菜と水分を先に 食べる順番も体への吸収に関係してきます。和食なら、野菜や海草などがたっぷり入ったお味噌汁から食事をスタート。洋食なら、ポタージュや野菜コンソメなどがいいでしょう。水分でお腹が先に膨れて食べ過ぎを防げ、野菜から摂る食物繊維がさらに排出を高めてくれます。 5.デザートは食後に これはもうほとんど常識ですが、再確認。甘いものを食べても痩せられます。ただし、きちんと食事を取ったその後に食べること、それだけ注意すれば、食べ過ぎもカロリーとして体に悪影響を与えることも最小限に留められます。 de5ad2447df2d056669f3ec1df3e1dab  
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です