夏に効く食材

Top Works-body神戸元町店 パーソナルトレーナーの秋葉功多です。   梅雨の季節ももうすぐ終わりですね。 関西の梅雨明けの予想は、7月15日前後と例年より早いらしいです。 そのためか今年の夏は、猛暑との予想が出ております。 薄着になるための体の準備はもちろん、夏バテ対策も必要ですね!   さて、本日は夏バテに良いとされている食材ついて記載させて頂きます。     1、梅

梅の酸っぱさであるクエン酸、リンゴ酸には、胃腸を正し代謝を促したり、血液の流れをよくしてくれます。 また、梅干の酸っぱさは、夏バテで胃腸の消化・吸収が低下しているときに、 胃酸の分泌を促して、食欲を増進してくれます。

できれば毎朝1個摂取できると良いですね。   godaiume_001   2、うなぎ
うなぎは夏場の魚に比べ、ビタミンAが豊富に含まれており、

これは、野菜に含まれるビタミンAよりも吸収率が優れています。
また、疲労回復、食欲回復の効果もあります。
img1
 3、キュウリ

キュウリは水分の塊って感じなのですが、カリウムが豊富なため、夏ばてやむくみの防止に効果的。

ちなみに、キュウリには、ビタミンCを破壊する酵素「アスコルビナーゼ」が含まれているので、

キュウリ単体、もしくは酢の物にして食べる方が効果UP。   DSC_0564   皆さん、ぜひ試してみてください!   余談ですが、うちの釣りバカの弟は、先日、港で60cmのうなぎを4匹釣り上げ、 うちで開いて、バーベキューコンロで焼いて、タレをつけて蒲焼にしていました。 とてもたくましく僕にはできない芸当です。 画像を探していたらうなぎが食べたくなってきました。。。笑 では! 土用の鰻        
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です