ピーチヒップ!

こんいちは Top Works-Body福岡店 パーソナルトレーナーの青木玄太です。 0e379990744a9e60a8791ce8a8f7998d 段々と春を感じる季節になって来ましたね。 厚手のコートを脱ぎ、薄手のコートやジャケット、明るいカラーのファッションが目立ちだす季節です。 この季節に、人から注目を浴びやすい身体のパーツは一体どこでしょうか?それは、自分では目の届きにくいヒップかもしれません。 images ピーチヒップの作り方 まずは自分のヒップを触ってみてください。 もしも自分の手よりも冷たいようでしたら、たるみのあるヒップへと向かっている証拠です。 女性は、皮下脂肪がつきやすく筋肉が男性よりもつきにくいため、ヒップは特に意識してあげないと、重力によって下へと引っ張られる力も加速していきます。 yjimage 骨盤を意識することが大切 女性の身体には、子宮という男性にはないもうひとつの内臓を身体の中に備えています。そのため、骨盤底筋群の力があまりに弱いと、全体的に緩みが出る可能性があります。普段の姿勢や習慣でも、自ら骨盤を歪ませ、気づかぬうちに歪んでいいるかもしれません。皮下脂肪がつきやすい女性にとっては、ウエストラインからヒップ、下半身のラインを綺麗にするために、姿勢を意識することがいかに大切かが分かります。   歩くだけではなく、歩き方が大切 ただダラダラと歩いたり、正しくないフォームで歩いていては、せっかくのダイエット効果も中々現れてはくれません。 カラダの重心や姿勢、目線や呼吸の仕方で、同じウォーキングでもボディラインに与える影響は見違えるほど変わってきます。   姿勢を正し、目線はまっすぐ遠くを見るイメージで 壁を背にして立ち、揃えた脚のカカトを壁から指2本ほど開けた状態で、ヒップ・肩甲骨・頭を壁につけます。この時、腰と壁の隙間が手のひらの厚さ分になるように、下腹部に力を入れて壁に引寄せます。 この状態が正しいまっすぐの姿勢の目安となります。 胸を開く 胸を開き、首を長くするようなイメージをもちましょう。 ウォーキングと共に顔まわりの血流も良くなります。 胸を開くことで呼吸が深くなり、内臓の活性化・女性ホルモンの刺激にも効果があります。   ポイント 普段のクセ(足を組む・片方の足に重心を傾ける)などから、歪む可能性があるので、まずは、日頃歩き出す時に姿勢を意識しましょう。 お尻の穴を下に向けるイメージで歩き出しましょう。 みぞおちから脚だと思って歩き出し、踵から地面に着地する 足は、一般的に鼠径部から下の部分を示しますが、歩く時にこの部分しか意識していないと、実際は膝下しか動かせていない重心が後ろ側に来る歩き方になります。 下腹部や腰回りの脂肪が気になる方は特にですが、みぞおちから自分の脚だと思って歩くイメージを持つと、重心は自然と前にかかりキレイなくびれと美脚ラインへ繋がります。 yjimage-1 ヒップを温める 現代は、食べ物や生活習慣、ファッションでヒップを冷やし、巡りの悪いヒップになっている方も少なくありません。 1日の疲れと共に、湯舟に浸かることでヒップを温め、巡りのいい状態へと戻してあげましょう。   お風呂上がりにストレッチを お風呂上がりのストレッチも、全身の血流を良くすると共に、巡りのいい柔軟なヒップを作ります。 腰から股関節、太もも周りを伸ばしてあげるようなストレッチがお勧めです。 自分では気づきにくい、ヒップ周りを意識することが、結果的に全身のボディラインへと関係します。 暖かくなってきたこの季節。 温かく血色のいいピーチヒップを目指してみましょう。 early-morning-workout-tips-300x200
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です