ブレイシング

Top Works-body神戸元町店 パーソナルトレーナーの秋葉功多です。 Workout Wednesday(ワークアウト)について記載させて頂きます。   皆さんは、トレーニングで「ドローイン」という動作をご存知かと思います。 腰椎、体幹周りを安定させるための基本的なトレーニングですね。 Top Works-bodyに通われている方なら、必ず一度はされたことがあると思います。   今回はこのドローインのもうワンステップ上の動作である「ブレイシング」をご紹介させて頂きます。 ドローインとブレイシングの違いは   ◯ドローイン:Draw-in ・腹式呼吸を用いて下腹部を凹ませる運動。 ・主にインナーである腹横筋を活動させることが目的です。 ・ホローイング:Harrowingと呼ばれることもあります。   ◯ブレイシング:Bracing ・ドローインによる腹横筋に加えて、 外腹斜筋、内腹斜筋、意識的に収縮させる運動。   これだけだと少しわかりづらいと思いますので、 例えば、みなさんは大きな声を出すときや、重い物を持ち上げるときなど、グッとお腹に力を入れているはずです。ふにゃふにゃのお腹では力を発揮できませんよね。 腹圧に力が入ってはじめて、力を発揮することができます。その状態をブレイシングといいます。 簡単な方法は、まず背筋を伸ばして立って、腰に手を当てお腹の横をつかみ、お腹に力を入れてみてください。 o0150020012031602146 お腹のどこに力が入っていますか?前だけに力が入っているとしたら、ブレイシングにはなりません。 ブレイシングとは、お腹周りの筋肉(腹横筋だけでなく、腹壁に関与する内腹斜筋や外腹斜筋を含めた筋)を引き締めることを言います。 この動作では、お腹が凹まされたり、押し出したりすることはありません。 お腹をつかんでいる指で力が入っていることが確認できるように、横にも力を入れてみてください。 例えばウエストにベルトを巻いて均等に思いっきり力を入れて外すイメージです。 pho-top12 ブレイシングができると、お腹の奥にあるインナーマッスルまで活発に働くようになり、より体幹の筋を働かせることができます。 効果として、突発的な動きや、曲げる、捻るなどの動作においても背骨を安定させることができるようになります。   また、ブレイシングはお腹全体に力が入った状態、つまり力を発揮する準備ができていることになるため、ただ立つにしても、座るにしても、歩くにしても、体幹がしっかり安定して力を発揮する事ことが容易になります。   結果的にエネルギーを効率よく消費することが期待できます。 場所も時間も選ばないエクササイズなので、いつでもどこでも始められます。 夏前ということで、すぐにでも実践してみてはいかがでしょうか! 3620156733_cbb0d2846d_b-672x372   なお、現在全店舗にて初回体験キャンペーンを行ってますので興味のある方はご利用をお待ちしております。 HP  www.topworks-body.com   Top Works-Body 神戸北野本店 スクリーンショット 2014-04-26 2.04.24 Top Works-Body福岡天神店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.02 Top Works-Body神戸元町店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.20  Top Works-Body宝塚店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.45
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です