体内リズムの作り方

こんにちは!

Top Works-Body 千葉柏店パーソナルトレーナーの秋葉功多です。

風が吹き付けて寒い日と感じる日が続いていますね。

体調管理には十分に気を付けてください。

 

さて、本日は体内のリズムについてお伝えします。

朝目覚めて、昼間に活動し、夜は眠くなるという生理的現象。

これは地球の自転周期に合った約24時間のリズムで生活しています。

私たちが自然とこのリズムで生活しているのは、生まれつき”体内リズム”を持っているからです。

これを「サーカディアンリズム」と言います。

この睡眠と覚醒のサイクルだけでなく、ホルモン分泌、血圧や体温調節など私たちの生理機能のほとんどはサーカディアンリズムを持ち、24時間のリズムで変動しています。

 

Unknown

 

 

例えば22時〜2時の睡眠が成長ホルモンの分泌に関与し、美肌にも効果的だという話を聞いたことのある方も多いかと思います。

また脂肪の蓄積に関わる、BMAL1というたんぱく質の生成量は昼間少なく深夜増えるという

特徴があり、このリズムを味方につければ、体づくりにも大きく影響を与えることができます。

 

 

逆を言えばこのリズムが乱れてしまうと身体には様々な不調が起こります。

何もしていないのに太りやすく痩せにくい体質にもなってしまう可能性がある為注意が必要です。

 

このような方は体内リズムが乱れているかもしれません💦

・夜眠れない

・朝食は食欲がわかない

・便秘が2日以上続く

・寝ても疲れがとれない

 

整えるために、

1.毎朝同じ時間に起きる

2.起きたら太陽の光を浴びる

(日中に太陽光を浴びることで睡眠ホルモンが正しく分泌されるようになるため、サーカディアンリズムの調節や快眠のためには太陽を浴びることがとても重要になってきます)

3.朝食を2時間以内に食べる

3.寝る前は明るい光を避ける(スマホのブルーライトにも注意!)

規則正しい生活と健康、目的の体を手に入れるためには欠かせない部分です。

皆さんも意識してみてくださいね!

 

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − eleven =