初ラグビー観戦

Top Works-Body千葉柏店 パーソナルトレーナーの秋葉功多です。   少しずつ秋も深まり、寒さが増してきましたね。 もう冬です。 さて、前日のお話ですが、初めてラグビーの観戦に行きました。

ジャパンラグビー トップリーグ 2015-2016

神戸製鋼コベルコスティーラーズvsNECグリーンロケッツ

試合は近くの柏の葉公園競技場です。 神戸の皆さん、安心してください! 僕は神戸製鋼サイドのチケットを頂いたため、しっかり応援させて頂きました。2009_logo_kobe 結果は神戸製鋼 46ー NEC 12で見事勝利しました! テレビで見るのとは違い、体がぶつかり合う音も聞こえるくらい迫力もあり、ライン際まで攻め込んだ際の 熱狂ぶりはすごいものです! 2015-11-24-11-52-20-942 2015-11-24-11-52-36-085   さて、ここでラグビーを見るための簡単なルールを4つお伝えいたします。
  • ラグビーは陣取りスポーツである 相手陣にボールを持ち込めば(ボールを地面に置くというのが必要)得点できます。それは、右サイドでも左サイドでも大丈夫です。なのでとにかく相手陣にボールを持ち込むようにしているスポーツだといえます。
  • ボールを前に投げてはいけない ラグビーの場合は、ボールを前に投げることが禁止されています。相手陣にボールを進めようとした時にボールを前に投げれば簡単です。ですが、ボールを前に投げて進むことはできません。ボールは後ろか横にしか投げることができないのです。となると、前に進む手段はボールを持って進んでいくしかありません。なのでラグビーはボールを持った選手がひたすらに前に進んでいくスポーツとなります。逆に守る側からすれば、相手は自陣にボールを持って進んでくるので、それを防がないといけません。そのため、タックルして前に行かないように防ぐわけですね。 2015-11-24-11-53-22-945
  • ボールを前に蹴るのはOK ボールを前に投げてはいけないとお伝えしましたが、前に蹴るのはOKです。というのもラグビーはRugby footballという名がついているように、元々はサッカーを起源として生まれたスポーツです。なので、キックは許されています。前に蹴れば一気に陣地を相手陣に進めることができますので、ラグビーの試合ではよくボールをける場面も見られます。そういう意味でいえば、ボールを相手陣に運ぼうとする手段は、ボールを持って前に進んでいくかボールを前に蹴るかの2つの選択肢があると言えますね。
  • ラグビーの得点方法は4種類 1.トライ(5点) 相手陣のインゴールと呼ばれるエリアにボールを持ち込んで地面につける。ゴールラインにつけてもトライになる。2.コンバージョンゴール(2点) トライをした側に与えられるゴールキックのことで、トライした地点の延長線上から狙う。H型のゴールポストとクロスバーの上の間を越えると2点。 3.ペナルティゴール(3点)重い反則があった場合、相手側にはPKが与えられる。ここから狙うゴールキックをPGと言う。成功すれば3点。 4.ドロップゴール(3点) プレーが継続している中で、ボールをワンバウンドさせてゴールを狙うキックのこと。FK(フリーキック)からの攻撃中には狙えない。 rugby2015
他にもたくさんルールはありますが、最低限のものだけ記載させて頂いました。 皆さんもぜひ、観戦に行ってみてください!    
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です