手のひらを冷やして

Top Works-Body宝塚店、パーソナルトレーナーの西島侑希です。

暑い日が続いていますが皆さん体調管理、熱中症対策はできていますか?

甲子園では猛暑の中全力でプレーする姿は感動しますよね。これから観戦に行くよーという方も熱中症にならないように対策もしっかりしてくださいね!

選手はもちろんですが、一般の方でも運動前ウォーミングアップが大切です。軽く動いたり、ゆるやかなストレッチなどで体を温めたりすれば体が動かしやすくなり、ケガの予防にも繋がります。しかしパフォーマンスの向上を狙うなら、ウォーミングアップを終えて本格的に運動を始める前や運動中の休憩時間に、手のひらを冷やすのがおすすめです。

これは甲子園のベンチでも運営側が凍ったペットボトルを選手に渡して熱中症対策でも使われています。

なぜ手のひら?と不思議に思われる方も多いと思います。この方法の効果は科学的な研究によって裏付けられています。実際に運動前や運動中の手のひら冷却によってパフォーマンスが上がるという報告がいくつも出ています。

例えばベンチプレスの行える回数が増えるとか、走り続けられる時間が長くなるとか。手のひら冷却によって大リーグの投手の制球コントロールまで良くなったとか。運動の出力や持久力のみならず、技術の向上まで期待できるということがわかったそうです。

 

この方法はアスリートだけでなく、一般の方にもおすすめです。手のひら冷却法を利用することで、座りがちな肥満女性の運動能力が向上した理、体調を整えたり、ダイエットがしたいといった目的で行う運動の効果を高められる可能性があります。

また、猛暑の中でも熱中症対策になります!!

手のひら冷却の目的は、深部体温を下げることにあります。

脇下や鼠蹊部、首などの動脈を冷やすというイメージもありますが、手のひらの冷却はそれよりも効率的という結果が出たそうですよ!

手のひらや足の裏、顔といった体の末端部分はラジエーターのようなもので、ここで冷やされた血液が体の中心部に戻り、深部体温を下げてくれるそうです。

まずはしっかり水分補給をして、睡眠をよく取り、食事での栄養素をバランスよくとって体調を整えた状態を作りましょう!!

まだまだ暑い日が続きますが手のひらを冷やして対策して見てください。

 

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + twenty =