有酸素運動について

こんにちは

TopWorks-Body福岡店トレーナーの森宗です。

福岡の博多駅前通りが陥没事故は全国的にニュースでながれましたが、天神の方は全く問題ありませんのでご安心くだいさい。

unknown

今日は有酸素運動についてですが、一般的に20分走らないと体内の脂肪が燃えないなんて言う方が多いですが、これは少し違います。普段から使っているエネルギーの半分ぐらいは、脂肪でまかなわれています。運動をすると、エネルギーの需要は高まりますね。

Carefree and free woman

それをどう対処するかといういと、始めはご存知の通りですが、糖質で対処します。なので運動の始めはエネルギーの消費において脂肪の割合は低くなります。その後で、交感神経が活性化されて、アドレナリンなどのホルモンが増えて、脂肪が沢山分解されるようになります。

Marathonläufer im Gegenlicht

基本的には脂肪が分解される時間は15分から20分たったところでエネルギーとして使われはじめ、皮下脂肪や脂肪組織が分解されてきます。なのでボディメイクの有酸素運動としては20分から30分やった方がいいのはいいです。

8f6c5ffd47ada434c22949c9d331e30c-2.jpg

でも、筋肉中の脂肪が使われると減った分を皮下脂肪で補おうとするので、20分以上運動をしないと効果がないわけではないです。もう少し短い時間でも、長い目でみれば効果でます。

運動開始から10分ぐらいで交感神経のレベルは上がり、脂肪の分解もはじまります。そのタイミングで運動を10分間中断した場合でも、分解の働きはゼロになっていません。

c5f2ec7c58472409b25803216433f2c4.jpg

つまり、10分走って、10分歩くを繰り返すだけでも有酸素運動としての効果は同じになるといえます。20分〜30分走るのがつらいであれば、走って、休憩でランニングの合計が30分でも十分燃焼効果が得られます。

5ba7a6eb41a4b0dcc9d685fd012e1bfd.jpg

有酸素運動の分割しても効果同じになりますのでハードルを下げてチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

 

 


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です