欲に勝つ‼️

こんにちは。 Top Works-Body福岡店 パーソナルトレーナーの青木玄太です。 c5bf620c92605dbd2e2639bba4ece7fc 気候も暖かくなり、夏まじかという感じですね。 運動をしてダイエットすることは非常に効果的で、リバウンドもしにくいことも確かですが、食生活を見直すことも大切なポイントです。 食生活の見直しは健康的にダイエットすることができ、太りにくい体作りにも役立ちます。 しかしここで悩まされるのが、抑えきれない食欲との戦いです。食生活を見直すと、好きに食べていた頃が恋しくなり、ストレスが溜まってしまう人は多くいらっしゃいますよね。 そこで今回はダイエットに効果的な食事のとり方と、食欲を抑えるアイディアを紹介します。 ■朝昼は多めに、夜は少なめに ストレスを抑えた食事方法として、「朝、昼は多めに、夜は少なめに」を心がけるようにしましょう。 朝と昼は活発的に活動することから、摂取した栄養分をエネルギーに変えることができます。しかし、夜になると活動が朝と比べてゆっくりになり、消費カロリーが減っていきます。 また夜になると脂肪を体内に溜め込む細胞が活発的になり太りやすくなるのそうです。 そのことからも、夜はヘルシーな食事を摂るようにしましょう。 7051c8d315d4945c90564df0702b8f1b■飴をなめてストレス軽減 食べられないストレスにイライラする場合は飴で口を満足させましょう。 もちろん飴にもカロリーがあるので、個数には注意したいですが、1~2個であれば30キロカロリーほどで収まるので、そこまで気になりませんよ。特に大玉のものがオススメ。口の中が飴の味でいっぱいになると自然と満足感が得られます。 また、選ぶのであれば、梅干し味などすっぱいものを選ぶと、唾液が多く出ることから満腹感に繋がります。 ■寝る前に明日のごはんを想像する 朝ごはんは一日のエネルギーになるので、抜いてしまうのは危険です。逆に、夜に食べ過ぎてお腹がいっぱい、という状況になると睡眠の妨げになり、朝スッキリ目覚めることができないそうです。 すっきりとした朝を迎えたいのであれば、夜食は控え、明日の朝ごはんを想像しながら寝るようにしましょう。 「朝と昼ごはんは自分へのご褒美」と考えると続けやすくなるはずですよ。 ■食事は1品ではなくバラエティ富んだものを 偏った食事にならないように注意しましょう。 カロリーを減らすこと、食事を作ることの面倒くささを考えると、何か1品だけにしようと思っていませんか? ダイエットといっても何か一つだけを食べ続ける方法は身体を壊す原因になります。 バランスよく今まで通り食事は作り、全体的に量を減らしていくのが理想的です。炭水化物抜きダイエットなどもありますが、少量であれば食べても問題ないので、とにかくバランスだけは崩さないようにしましょう。   今回はダイエット中におこる食欲に打ち勝つ方法をご紹介しました。 見直した食生活を続けることで、食べられないイライラは自然となくなっていきます。 是非参考にして健康的な引き締まったボディをつくっていきましょう。
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です