減量期のフルーツ

こんにちは☀️

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの岡田紗知です!

桜は満開を少し過ぎてきましたが、皆さんはお花見に行かれましたか??

関西では有名な大阪の造幣局桜の通り抜けは4月15日まで開催されているようなので、是非お時間のある方は見に行かれてください。

本日は減量期には食べるのを避けたいフルーツについて紹介させていただきます。

フルーツはカロリーが低い代わりに、糖分が多いので太りやすいものもあります。

ここではフルーツを食べてダイエットをする際のフルーツの選び方をお伝えしていきます!

そうすれば、どんなフルーツを食べると良いのかわかるようになるのでダイエットに失敗するリスクが減ると思います。

 

⑴水分の多いフルーツ

水分が多いほどカロリーと糖分が低くなって太りにくいです。

例えば、いちごやグレープフルーツは約90%が水分です。

ダイエット中にフルーツは食べるときは、なるべく水分が多いフルーツを選ぶようにしましょう。

水分の多いフルーツ : いちご、グレープフルーツ、もも、夏みかん、ラズベリーなどがあります。

⑵食物繊維が多いフルーツ

食物繊維が多いフルーツは、キウイやイチジクなどがあります。

食物繊維は脂肪の吸収を抑えたり、満腹感を出したりしてくれるのでダイエットに欠かせない成分です。

便秘がちな人は、便秘の解消をすることもできます。

フルーツに含まれる食物繊維が多いほど脂肪が減りやすいので、キウイやイチジクなどを選ぶことをおすすめします。

 

食物繊維が多いフルーツ : いちご、グレープフルーツ、もも、夏みかん、ラズベリーなどがあります。

⑶ビタミンミネラルが多いフルーツ

ビタミンミネラルが多いと、脂肪が燃焼されるだけではなく、デトックス効果も期待できます。

特にビタミンは脂肪の燃焼をサポートしてくれるので、不足してしまうと痩せにくくなってしまいます。

ビタミンの中でもビタミンCは美肌になる成分なので、女性に欠かせません。

また、ミネラルであるカリウムは余分な水分を体から出してくれるデトックス効果を持っています。

このようにビタミンミネラルは脂肪を燃焼するだけではなく、美容効果もあります。

ビタミンミネラルが多いフルーツ

パイナップル : ビタミンB1

みかん : ビタミンB1、B2

バナナ : ビタミンB6、カリウム

キウイ : ビタミンC、カリウム

グレープフルーツ : ビタミンC

 

再度お伝えさせていただきますが、減量期には なるべく!フルーツは避けたいです!

もし食べる場合は上記を意識して食べてください!

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 

 


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 3 =