満腹中枢を刺激する!!

こんにちは

Top Works-Body福岡天神店 パーソナルトレーナーの牧野功暉です。

9月も残りわずかとなりましたが、最近の福岡はお昼の気温が少しあがっているような気がします。

長袖の服を買ったりしましたが、出番が来るのはもう少し先になりそうです。

秋冬は長袖長ズボンで肌の露出は減りますが、服の上からでもわかるきれいな身体のライン、あるいはかっこいい身体のラインというものは、男性女性ともに素晴らしいです。

この季節だからこそ、ボディメイク頑張っておきたいですね!

さて本日は『脳』を視点にしてボディメイクに役立つワンポイントを書かせていただきます。

まずは皆様、満腹中枢という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。

満腹中枢とは脳の中心辺りにある視床下部という場所にあり、文字通り満腹感を感じさせてくれる役割があります。

この満腹中枢が正常に働いてくれると食べ過ぎが防止できますね。

では、そのためにはどうすればいいかと言うと、一口につき最低30回は噛んで、早食いをしないようにしましょう。

人間は食事をすると血糖値が上昇するのですが、その血糖値の上昇を満腹中枢が感知するのに約20分程度かかります。

良く噛んで、ゆっくり食事をすれば少ない量でも満腹感を得ることができるのです。

また、規則正しい生活を送ることも重要です。

規則正しい生活を送ることで満腹中枢を刺激してくれるレプチンというホルモンの作用が高まります。また、レプチンはダイエットホルモンとも言われており、食欲を抑制したり、代謝を亢進したりする働きもあります。

良く噛んで早食いしないは、どなたでも大事だということはご存知かもしれませんが、普段の規則正しい生活という部分から意識していくとより良い効果が期待できますので、少し意識してぜひ取り組まれてみてください。

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニンングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です