物事を捉える視点

こんばんは!!

Top Works-Body元町店パーソナルトレーナーの文野諭です。

2018年文野初ブログです^^

まだまだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

寒くなると特に体調を崩しやすいのでご自愛くださいませ。

 

ただいま絶賛開催中の平昌オリンピックですが、スポーツって良いですよね!!ぼくはほぼ毎日見ています。

学生の頃や子供の時は勝った負けたと結果だけで試合を見ていましたが、最近ではオリンピックに至るまでの過程や選手の発言などに注目するようになりました。

何年も記録やメダルを取ることを目標に選手たちは日々トレーニングや練習に励んでいます。

月並みですが相当な努力。凄いです^^

 

目標、目的に対して妥協をせずに実行していく。

学ぶところが多いですよね。

そして何より、選手達の発言がポジティブ!!

それがびっくりしました。

負ける、ミスをする、環境が悪い、などなど。

起こったことに対して悲観するのではなく、前向きに頑張る。

でも、

そういったこと(ミスや負け)をなかったことにして前向きに頑張ることではなくて(これはこれで気持ちを整理する上ではいいと思います)、

ミスや負けがあったのは事実。その事実を別の視点で捉えることが重要なのです。

 

例えば、

スピードスケートの高木美帆選手が3000mでフライングをした時のこと

「雑念も入っていたので、フライングを取ってもらったときに、

“あ、落ち着けってことだな”と捉えて気持ちをリセットできた」

大舞台でミスをすればパニックになりそうなところを、レースにとってプラスの感情に変える。なかなかできることではないですよね。

挙げるとまだまだありますが、本当にこういった発言が多いのには驚きました。

 

悔しい気持ちや腹がたつ気持ちもあると思いますが、

ポジティブに考えること。それを言葉にすること。

 

ポジティブって本当にすごい力だなと感じました。

物事の捉え方一つで筋肉も成長できるのではないでしょうか^^

無理矢理ですね…笑

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です