蕎麦とうどんについて!

Top Works-Body新神戸店トレーナーの川津です!

 

今回はダイエット中のお客様からの質問で多い「蕎麦とうどんどっちがいいの?」について調べてみました(*⁰▿⁰*)!

 

カロリー(1人前約260g)
蕎麦:約300Kcal
うどん:約270Kcal

PFCバランス
P=タンパク質
F=脂質
C=炭水化物

蕎麦
P:約12.4g(約50Kcal)
F:約1.82g(約16.4Kcal)
C:約57.5g(約230Kcal)

うどん 
P:約6.7g(約27Kcal)
F:約1.04g(約9.4Kcal)
C:約56.2g(約225Kcal)

原材料
蕎麦:蕎麦粉…※
うどん:小麦粉

GI値
蕎麦:55
うどん:85

栄養素(優れている)


・蕎麦
「必須アミノ酸が豊富に含まれている!」
人間の身体を作るのに必要なタンパク質(アミノ酸)は全部で21種類あります。そのうち8種類(必須アミノ酸)は人間の身体では作る事ができないので食品から摂取するしかありません。蕎麦には必須アミノ酸が豊富に含まれています!

「ルチンが豊富」
血流を良くして冷え性の改善や血管をしなやかにして動脈硬化を防ぐと言われているルチン(ビタミンP)が豊富に含まれているます。ルチンは水溶性なので蕎麦を茹でるとき茹で汁に溶け出してしまいます…つまりそば湯を食後に飲みルチンを摂取しましょう!

 

・うどん
「良質なエネルギー原」
人間にとってもっとも効率の良いエネルギー原は糖質です。うどんは原材料が小麦粉ですので炭水化物が豊富に含まれています。GI値も蕎麦に比べると高いので、運動前などエネルギーを必要とする際に良いかもしれません!

「消化に良い」
うどんにはでんぷんが多く含まれているので消化に良いと言われています!

 

まとめ
ダイエット中は身体作りに必要な栄養素も多く含まれていて、食後血糖値の上昇もゆるやかな蕎麦の方がオススメかもしれません!
うどんを食べる際はタンパク質やビタミン、ミネラルが多く含まれる食品と一緒に摂取する事を心掛けると良いかもしれません!

 

※蕎麦を食べる前の一つ注意点は原材料を確認する事です!

日本農林規格(JAS)法というものがあり、そば粉の配合割合が30%未満でも、その配合割合を書けば蕎麦として売っても良いらしいのです…よく確認しないとダイエットに適している蕎麦を食べてるつもりがそば粉が少なく小麦粉がほとんどなんてことも(´・ω・`)

蕎麦を食べる場合は蕎麦屋さんで食べる事をオススメします!質の良い美味しい物を食べましょう!

 

では…最後に新神戸店の近くには美味しい蕎麦屋があるので紹介します(*⁰▿⁰*)!

そば切り山親爺
ここの鴨汁蕎麦が絶品です…(笑)
トレーニング後に是非皆様行ってみてください!

img_2781

img_3200


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です