食べ過ぎの改善

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの内海悠達です。

 

最近、食べ物がおいしく感じてしまって、ついつい、いつもより多く食べてしまいますよね…

皆さんは食欲を抑えられていますか?

そこで今日は食べ過ぎの改善のためのお話をしていきたいと思います。

美味しい食べ物を食べた時に、もっと食べたい!!って感じる方が多いと思いますが、何故、もっと食べたいと感じるのでしょうか。

例えお腹いっぱい時でも甘いものは食べれちゃいますよね。

 

これは『脳内報酬系』と言われる食べ物からエネルギーを取り込む際に働いている神経系が関係しています。(快楽中枢とも呼ばれています。)

脳内報酬系はドーパミンという快楽をもたらす神経伝達物質により、刺激されます。覚せい剤がやめれないのは、覚せい剤で増えたドーパミンが枯渇してしまい、もう一度、快楽を得ようとするからだそうです。これは食べ物にも同じことが言えます。

 

食欲が強くなりすぎると、食べることに快楽を得てしまい、その結果、習慣となってしまったり、依存、最後は食べる物を常に欲してしまい、中毒となる場合もあります。

 

逆にいえば脳内報酬系をうまく働かせることが出来れば、食欲もコントロールできるということです。

 

突然ですが、皆さんはジャンクフードをよく食べますか?

(ジャンクフードとは甘いお菓子や糖質の多い炭酸飲料、ポテトフライなどの低栄養価で脂質や糖質が多くカロリーが高い物など)

ある大学でラットを2グループに分けて

一方にはカロリーが低く、栄養価が高いご飯を

もう一方にはジャンクフードを

与えて育てて、鈴が鳴ると味のついた甘い砂糖水を飲めることを覚えさせ、砂糖水を欲しがるかをみる実験がありました。

 

結果、栄養価が高いご飯を食べていたラットは鈴がなっても反応しませんでしたが、ジャンクフードを食べているラットは鈴がなる度に砂糖水を欲していたそうです。

 

ジャンクフードを食べ続けると脳内報酬系に変化を与えてしまい、自制心が弱くなってしまうことを示唆しています。

 

脳内報酬系は全ての哺乳類に類似しているため、人間にも当てはまる可能性が高いそうです。

低カロリーで栄養価が高い物を日常から食べていると、無駄なカロリーの摂取が減ってきますし、そこに運動を加えると太りにくいお身体を完成しますので、食生活を見直しつつ、運動を習慣化していきましょう。

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + twenty =