食物繊維について

 
夏はもう終わりですが、ボディメイクは理想を追い求めていれば季節は関係ありませんね!
さて、ボディメイクで誰もが当たる壁である腸内環境ですが、そこに大きく関わる食物繊維についてお話しいたします。
 

食物繊維とは消化されずに、小腸を通って大腸まで達する食品成分です。

便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能があるとされています。

現在ではほとんどの日本人が不足気味の成分ですので、積極的に摂取することが推奨されています。

食物繊維というと「繊維」という言葉から、細い糸のようなスジ状のものをイメージされがちです。

しかしネバネバするものから、水に溶けてサラサラした状態になるものものまで、多くの種類があります。

特定保健用食品で「おなかの調子を整える食品」として認められている成分の多くが食物繊維です。

では食物繊維の中でも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があることはご存知でしょうか?  

★水溶性食物繊維

アボカドや納豆、オクラ、きのこ、海藻類などに豊富です。

水溶性食物繊維は、水に溶けて腸の中でゼリーのようなドロドロの状態になり脂肪の吸収を妨げたり、グルコース(糖の一種)の血中への取り込みを遅くして、脂肪の蓄積を抑える等の効果があります。  

 

★不溶性食物繊維

ごぼうやたけのこ、とうもろこし、豆類、ナッツや干しキクラゲ等に豊富に含まれています。

不溶性食物繊維は、分解されずに消化管をそのまま通過し、腸を刺激してぜん動運動(動物の消化管の、うごめくような運動)を活発にすることにより、排泄物の量を増やすとともに、腸での滞留時間を短くする働きを持っています。

この2つの食物繊維を理解したうえで、両方のタイプの食物繊維を摂ることが、結果的に理想の体作りに繋がります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします

 


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です