朝食の大切さ

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの内海悠達です。

朝ごはんをあまり食べないと最近よく耳にしますので、今回は朝ごはんの大切さをお伝えしていこうと思います。

 

何故、朝ごはんが大切?

 皆さんは糖質(ブドウ糖)が脳・身体を動かすために、大切なエネルギー源ということはご存知でしょうか?

その糖は肝臓などで貯蔵されているのですが、肝臓では身体の機能を6時間維持する量しか貯蔵ができないんです。

起床後はグルカゴンという血糖値をあげるホルモンが分泌され、肝臓の中のブドウ糖が身体中に運ばれますが、睡眠中もブドウ糖を使っているので、活動し始めて、1時間程度で空っぽになってしまいます。

身体を動かすエネルギーが不足するため、朝食が必要なのです。

朝食を食べないとどうなる?

 例えばですが、砂漠を歩いていて飲み物が残り少なくなってきたら、節約しながら飲みますよね?

身体も同じで、ブドウ糖がなくなってくると、脳や身体に使うブドウ糖を制限し始めます。

制限され始めると、熱を産生するのもエネルギーが必要となるため、体温が上がりづらくなり、身体がだる重くなってきます。

また身体で一番、脳がブドウ糖を使うため、集中力がもたない、または集中できない状態となってしまうんです。

 

食べればなんでも良いというものでもない

 白米のおにぎりやパンのみといった朝食は炭水化物のみの食事となってしまいますので、血糖値が急激に上がってしまいます。

また白米やパンは精製過程で炭水化物以外の栄養素をそぎ落としている場合が多く、栄養が偏ってしまいますので、3大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)を意識してバランスよく食べてください。

食事中にしっかり噛むことで満腹中枢に刺激が入り、量を抑えれたり、胃の負担が小さくなりますので、食べ過ぎ予防にもなります。

味わいながら、食事を楽しんでください。

 

まとめ

 食事をとらない、またはよく噛まないのは急いでいるからかもしれません。

いつもより少し早く起きて、ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

朝食を摂るとトレーニングもはかどりますよ!

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 1 =