AGEsをご存知ですか?

Top Works-Body宝塚店 パーソナルトレーナーの西島侑希です。 夜がだいぶ涼しくなってきましたね!暑さで寝付けなかった人も寝やすくなってきたのではないでしょうか。 今日はFood Friday (フード)について記載していきます。 皆さんはAGEsを聞いたことはありますか? これは終末糖化産物といってタンパク質と糖が加熱されてできた物質のことです。なんと強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。 老化というとすぐに思い浮かぶのはシミ・シワ・たるみ・などかもしれません。それだけではなく、AGEは血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗鬆症、目に蓄積すると白内障の一因のなり美容だけでなく全身の健康に悪影響を与えてしまいます。 写真 2014-12-05 15 38 27 AGEは2通りの仕組みで体内に溜まってしまいます。その1つでもある食べ物では、知らず知らずのうちに食事や間食として取り込んでしまっているのでどういうものがあるのかお伝えします! ①焼き目がついた料理 揚げ物や焼肉、ステーキ、焼き魚といった焼き目のついた料理は、調理過程ですでにAGEsが発生しています。肉や魚を食べるときは焼く、揚げるよりも蒸す・煮るの方が発生を少なく抑えることができます。 ②炭水化物(過剰摂取) 血糖値の急激な上昇によっても引き起こされるため、炭水化物の摂りすぎは控え、玄米や全粒粉のパン等に変更することがオススメです! ③アルコール ビールや日本酒、甘いカクテルなどの糖質を多く含むアルコールは、糖化を促進させてしまいます。アルコールを分解する際に、糖化を抑える栄養素でビタミンB1を大量に消費するので悪循環です。 ④甘い物 炭酸飲料やジュース、お菓子に使用される人口甘味料は、ブドウ糖の何倍も速くAGEsを作り出すと言われています。「果糖ブドウ糖液糖」や「果糖液糖」と表記があるものは摂りすぎないようにした方が良いです。 外からのスキンケアだけでなく、内側からキレイになるために、若々しくいるためにも口にする物を少しでも意識していきたいですね!  
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です