GW明けからの生活

Top Works-Body宝塚店、パーソナルトレーナーの西島侑希です。

ゴールデンウィークもあっという間に終わりましたね。旅行やイベントなどリフレッシュはできましたか?

GWを利用してこの機会に睡眠不足解消!で寝溜めをされた方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、それが連休明けの体重増加に繋がっているんです。。。

連休太りの原因のひとつは「体内時計の狂い」

出かけたり、夜遅くまで飲んだりと、普段とは違う生活が続くGW。「連休中に太るのは、入口と出口の釣り合いが崩れることが大きな原因」です。

つまり、食べる量(=入口)が増え、家でゴロゴロしていれば運動による脂肪燃焼(=出口)が少なくなるので、結果太ってしまうのです。当然といえば当然ですね。

連休に太ってしまうもう一つの理由は、夜ふかしや朝寝坊による体内時計の乱れです。体内時計とは、その人なりの生活のリズムのこと。

この体内時計は、血圧や体温、尿や便通などの周期にも関わっていて、体内時計が狂うと、体調を崩したり、体重が増えたりします。

体内時計を動かすのが、時計遺伝子です。その時計遺伝子のひとつ『BMAL1(ビーマルワン)』には、食べたものを脂肪に変え、ため込む働きがあります。連休中はBMAL1の増える夜遅い時間でもついつい食べてしまうので、太りやすくなります。

日中に身体を活動させ、夜になると眠りにみちびく体内時計。実は、24,5時間サイクルで動いているそうです。そのため、毎日ちょっとずつズレていき、胃や小腸など、消化器の働きにも影響を及ぼすといわれています。では、体内時計のズレを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、身体に「朝ですよ」と教えてあげること。具体的な方法は次の3つです。

① 日の光をあびる

夜の光は体内時計を遅らせ、朝の光は進めます。朝はしっかり起きて、朝日をあびるようにしましょう。

しっかり朝に目覚めるためのポイントは”夜を使いすぎない”こと。連休中はどうしても、飲み会に行ったり、テレビやスマホを見たりして夜更かししがちですよね。平日と同じ生活リズムを心がけてみてください。

 

② 朝食をとる

朝ごはんを食べることで、体内時計を動かしましょう。

体内時計は身体の中の細胞60兆個一つひとつに組み込まれており、胃や腸の体内時計は食事のリズムで動きます。朝食をとることで、脳だけでなく身体の末梢を目覚めさせることができます

朝からたくさんは食べられないという人は、夜食べすぎていることが多いもの。夜の分を少し朝に回す。これだけで全体のバランスがよくなります。

③ 食べるものにも工夫 

三大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)のバランスのよい食事が基本。

中でも、体内時計を動かすインスリンを生み出す「炭水化物」は必須です。炭水化物にたんぱく質が加わると、体内時計のリセット効果がさらに高くなるそう。手軽なたんぱく質源としては、ヨーグルトもおすすめです。

 

時間の追われる毎日だから、せめて連休中くらいは、時計の針を忘れて……と思う気持ちはよくわかりますが、連休明けに「大ショック!」とならないように、体内時計を意識して、食事の時間と内容に気をつけたいですね。

次の連休は夏休み、お盆までないので次はこれを意識して生活してみてください!

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =