チートデイにつて

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの稲森克尚です。

 

もう少しで梅雨も明け、薄着で露出が増える真夏が近づいてきていますが、皆さんダイエットは順調でしょうか?

ダイエットで誰もが悩まされる停滞期は皆さんどのように切り抜けていますか?

僕は停滞期が来るとチートデイを入れて乗り越えています。

聞いたことはあってもどうゆうことをするのかわからない人も多いのではないでしょうか?

なので今日は停滞期について説明しようと思います。

 

 

ダイエットをやっていると直面する停滞期。その停滞期を乗り切るために設定するのが良いとされているのがチートデイです。

チートデイというのは、意図的に摂取カロリーを増やす日をつくることをいいます。カロリーを気にすることなく、好きなものを食べて過ごして良い日がチートデイです。

通常、ダイエット中は食事制限をして、なるべく摂取カロリーを減らすようにします。摂取カロリーを消費カロリーよりも少なく抑えることができれば、減量を成功させることができると考えられているからです。

しかし、人の身体はそう単純なものではなく、カロリー制限をし続けていると、身体が飢餓状態にあると判断し、エネルギーの消費を抑えようと働きます。そうすることによって、生命を維持しようとするのです。
結果として、カロリー制限をすればするほど、身体が飢餓状態を防ごうとして減量しにくい身体をつくってしまいます。これが、ダイエット中に誰もが経験する停滞期の原因です。
この身体の仕組みを逆手に取って、あえて摂取カロリーを増やす日をつくることで、身体に生命維持の危機にはないと思わせるのがチートデイの目的です。

ダイエット期間中に、好きなものを食べるチートデイを設けることで、身体を停滞期から抜け出すきっかけづくりにつながります。

 

 
 
ダイエット中はどうしてもストレスが溜まりやすいですが、チートデイを入れることでストレスの緩和にもつながります。
 
あと、ダイエット期間中は代謝が落ちやすく、結果として痩せにくくなる。
その点、チートデイを設けると、身体にきちんとカロリーを摂取できていることを知らせることができ、ダイエット中の代謝低下を防ぐ助けになります。
 

 

チートデイは、ダイエットを始めてしばらくして、停滞期に入るタイミングで行うようにします。目安は、ダイエット開始時と比べて体重が5%減ったタイミングです。

また、チートデイを行う頻度は、体脂肪によって異なります。体脂肪率を測り、それによって頻度を変えるようにしましょう。
女性の体脂肪率別のチートデイの頻度の目安は、以下のとおりです。
 

■10%~15%未満:7日に1度
■20%未満:4日に1度
■20%~25%未満:1週間に1度 
■25%~30%未満:10日に1度 
■30%~35%未満:2週間に1度 

 

体脂肪率が35%以上ある人は、残念ながらチートデイの必要性はありません。そのまま食事制限のダイエットを続けていきましょう。

体脂肪率が35%未満になったら、チートデイを取り入れることができます。
 
 
計画的にチートデイをうまく入れながら行うことで、停滞期も乗り越えることができ、ダイエットを成功させることができるので是非取り入れてみてください!

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − two =