トレー二ング時のシューズ

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの荒木隆介です。

梅雨の合間の晴天がより厳しく感じますね。

 

6月に入り、ほとんどの地域でフィットネスクラブやジムが再びオープンしていますね。それに伴ってトレーニングをスタート、または再開される方が多いと思います。

そこで本日は、ウエイトトレーニングや自重でのトレーニングで使用すべきシューズについて書かせていただきます。

 

「筋トレの際に履くシューズは何でもいいんじゃないの?」

と思う方が多いと思います。

 

 

 

もちろん履きやすい物であれば、基本的には何でも良いのですが、

トレーニング効果や安全性、靴自体の耐久性といった点を考慮すると、

 

・ソールが硬く平らなシューズ

 

がトレーニングの質を高めてくれます。

多くの方がトレーニングの際に履かれているランニングシューズは、

靴のフィット感は確かに心地よいですが、

元の作りがソールが柔らかくクッション性に富んでいるので、

トレーニングのどの種目にも共通する足で踏ん張る動作が取りづらくなってしまいます。特に、スクワットのような立位で行う下半身の種目では、立ち上がる局面において力の発揮が不十分になってしまいます。

 

また、足首が捻挫やこれまでの怪我の影響で緩くなっている方は、

ソールが柔らかく不安定な影響で再び怪我をしてしまうリスクが高くなります。

 

 

 

足に馴染みやすく履きやすいランニングシューズですが、意外にもランニングや

ウォーキング以外の運動には向いていません。

 

オススメとしては、ソールが硬く平らなスニーカーやウエイトトレーニングに特化したリフティングシューズ、フットサルシューズや地下足袋のような足部の安定性を確実に保ってくれるものが良いです。

 

シューズにもこだわってより質の高いトレーニングにつなげましょう!

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =