多裂筋について


こんにちは!!

Top Works-Body 新神戸店 パーソナルトレーナーの塚口千智です。

 

本日は上半身の姿勢保持に大切な脊柱起立筋と多裂筋についてご紹介します!

脊柱起立筋は体の浅い場所(皮膚に近い位置)にあり、多裂筋は脊柱(背骨)に沿うようにあり、腰痛がちな方や背中などにコリを感じる方はこの周辺の筋肉に緊張が生じている傾向があります!!

以下のような症状があれば、多裂筋が原因である可能性があります。

☑座った姿勢でいると背中の下の方で真中が痛い。

☑起きたときに腰が痛いが、動いているうちに痛みが和らぐ

☑前屈みになると痛い。

☑歩き出した瞬間や立ち上がった瞬間、前屈みの姿勢から体を起こす瞬間に痛にが生じる。

痛みやコリの根本解決のためには「ほぐす」だけではなく、正しく筋肉を鍛えてあげる必要もあります。

体幹トレーニングの方法をご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください!

〜ダイアゴナルのトレーニング方法〜

1.膝をつけないで四つん這いの状態になる。

2.片側の足を後ろへ伸ばしたら逆側の手を前方へ伸ばす。

3.この状態を10秒以上キープ

多裂筋と他の体幹の筋肉も同時に強化するため、腰痛防止の効果があるとも

言われているトレーニングです!!

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 9 =