腹筋を割る方法

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーニングジムTopWorks-Body芦屋店トレーナーの谷口達郎です。

今回は腹筋を割るにはどうすればいいのかお話させて頂きます。

 

 

 

そもそも腹筋はどうして割れて見えるようになるでしょうか。

 

腹筋を解剖すると、腹直筋、腹横筋、腹斜筋、と大まかに分けることができます。シックスパックに関係が深い筋は腹直筋です。

この筋肉は1枚の大きな筋で、そこに縦横に添って腱が押し当てられています。

ボンレスハムに紐が食い込んでいるようなイメージです。

このように、腹筋はもともと割れているのです。

 

なぜ、腹筋が割れて見えないのか。

 

 

 

 

腹筋の上には、1脂肪2皮が乗っています。

分厚い脂肪が乗っていれば腹筋の溝は隠れてしまいます。

また、腹囲がもともと100cmあるのを急激に70cmまで落とした場合。

これは皮が余ってしまいます。

皮膚に張りが回復するまでにしばらく時間が必要です。

 

どうすれば、腹筋が見えるのか。

 

方法はポイント2つ

1つ目:体脂肪を下げて、腹部の脂肪を落とすこと。

ジョギングなどの有酸素運動や、食事をコントロールして、脂肪を燃焼させる。

 

2つ目:腹筋の厚みを増やし、腹筋の溝を深くすること。

筋力トレーニングを行い、筋肉を肥大させる。

食事も筋肉が増えやすいようにタンパク質などをバランスよく摂取する。

 

つまり、腹筋の上にある脂肪を薄くし、腹筋の厚みを増やすということです。

筋トレやダイエットは必ず効果が現れるものです。

継続して取り組むように頑張りましょう。

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body