食事で体を温める

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body茨木店の長野凌です!

週末気温がぐっと低くなるようですね。

こんな時期はやはり体も冷えやすいので、しっかり備えていきたいですね。

さて今回は体を温める食事についてお話しさせていただきます。

 

・体が冷えるとどうなるか

・代謝アップに大事な栄養素

・体を温める食品

 

・体が冷えるとどうなるか

1つは血管が収縮し、血流が悪くなります。

血流が悪くなることで、毛細血管まで血液が流れず、手足が冷えてしまうのです。

また、体は冷えると内臓を先に温めようとするため、血液は体の中心に集中します。

そのため、手足に十分な熱が行き届かないというのも、冷えの原因と言えるでしょう。

2つ目は冷えで血流が悪くなると代謝が低下します。

代謝が低下するとその分エネルギー消費量が低くなるため、脂肪燃焼されにくくなります。

つまり、体を冷やすことはダイエットなどにおいて天敵になるのです。

 

・代謝アップに大事な栄養素

一番のポイントはタンパク質です。筋肉の材料になるタンパク質は基礎代謝アップに欠かせない栄養素です。

運動前後などに摂ってあげましょう。

他にはビタミンB群などが代謝を促進させてくれるもので、三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質にはそれぞれビタミンB群が含まれているので、バランスよく食べるようにしましょう。

香辛料などの辛味成分も代謝アップには効果的です。

 

 

・体を温める食品

まず思い浮かべるのは生姜が多いと思いますが、生姜以外あまり知られていません。

例えば、タンパク質の摂れる魚やお肉などは代謝アップにつながりやすいです。

この時、鮭や赤身など色のついたものがより効果的です。

色のついたもので言えば野菜はニンジンやかぼちゃなど沢山ありますし、唐辛子なども効果的です。

それ以外のポイントとしては土の中で成長する野菜を選ぶことです。

ごぼう、イモ類、レンコン、生姜もこれに該当します。

 

 

いかがでしたでしょうか?

体を温める食品は沢山あります。

いろんな食材をまんべんなく取り入れることで、栄養バランスも良くなるのでいろんな食材を取り入れてみて下さい。

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。