あなたの腿裏、硬くなってないですか?

こんにちは

TopWorks-Body元町店トレーナーの隈部です。

今回は腿裏の筋肉、ハムストリングスについてお話したいと思います。

img_1938

 

ハムストリングスとは‥半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋の3つの筋肉で構成されています。この筋肉は、外側と内側筋に分ける事ができ、外側は大腿二頭筋、内側は半膜様筋、半腱様筋となります。またハムストリングスはランナー筋とも呼ばれ、走ることが多い方は発達している事が多いです。       

このハムストリングスが硬いという方は多いのではないでしょうか?

ではハムストリングスが硬いと体にどういった影響がでるのかを説明していきます!

腰痛の原因になる‥ハムストリングスが硬くなると骨盤を引っ張ってしまい骨盤が後傾してしまいます。すると腰椎に負担がかかってしまい腰痛の原因になります。

img_1935

もちろん腿裏の硬さだけが腰痛の原因とは言えませんが、この部位が硬く腰痛の原因になっている方は多いと思います。

では、どうすればハムストリングスの柔軟性をだせるのか?

ハムストリングスのストレッチ

ストレッチは硬く縮んでしまった筋肉を伸ばし、本来の筋肉の長さに戻します。

長座の状態になり、つま先を手で触るようなイメージでストレッチしていきます。

img_1936

 

意識して股関節周りを動かす

ハムストリングスは股関節の動きに深く関与する筋肉ですので、股関節を意識して動かすことにより硬くなるのを防ぎます。

この写真の女性はしっかりと股関節を使ってジャンプできていますね!笑

img_1937

日常生活から毎日意識して上記のような事が継続できればハムストリングスの柔軟性を取り戻せるかもしれないですね。

皆さんも是非行ってみてください!

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =