お酒を飲むとなぜ太りやすくなるのか?

 

こんにちは。Top Works-Body神戸元町店トレーナーの小林祐士です。

 

お客様の中でお酒が好きな方は多く、お酒は太るということを知っていてもその理由を知らない方は多いです。

 

そこで本日はお酒を飲む太りやすくなる理由をお伝えします。

①カロリーが高い

やはり、お酒はカロリーが高いことが挙げられます。
中ジョッキや日本酒コップ1杯の場合は約200kcal、焼酎コップ1杯の場合は約250kcalと、ご飯1杯分の235kcalに近かったり超えたりするカロリーがあります。
ゴクゴク飲めてしまうので、一日の摂取カロリーを大幅に超えてしまう原因になり、太ってしまうと考えらます。

 

②脂肪の分解を妨害する
アルコールが肝臓で分解されると、有毒性のあるアセトアルデヒドという物質が生成されされるのですが、このアセトアルデヒドは肝臓のミトコンドリアを傷つけます。
脂肪の分解を担っているのは肝臓なので、肝臓にあるミトコンドリアが傷つくと肝臓による脂肪酸の分解が低下しています。
そうすることで肝細胞の中に分解されない脂肪酸がどんどん蓄積されてしまうので、太りやすくなります。

 

 

③肝臓の脂肪合成を活性化させる
アルコールは脂肪の分解を妨害するだけではなく、なんと脂肪の合成を促進させる酵素も生成します。
VLDL(超低比重リポ蛋白)と呼ばれており、肝臓で作られる脂質を全身の脂肪細胞へ届ける役割をしているので、アルコールによってVLDLが増えてしまうと脂肪細胞が発達して脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

 

少し説明が難しくなりましたが簡潔にまとめると、アルコールが肝臓の機能を低下させて消化不全になり脂肪が溜まりやすくなるので太ります。

 

 

 

 

お酒の飲み過ぎには気を付けましょう!

 

全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =