やる気の起こし方

こんにちは。  

Top Works-Body芦屋店パーソナルトレーナーの小林祐士です。

 

コロナウイルスが少しずつ落ち着いてきて仕事が通常通り始まり、運動しないといけないと思いながらもなかなかスイッチが入らない人も多くいらっしゃると思います。

 

そこで本日は私のモチベーションの保ち方(やる気の起こし方)について話をさせていただきます。

 

私が特に意識しているのは2つです。

 

1つ目はとりあえずやってみることです。

例えば朝起きるのが辛いときなどは、目が覚めたら心の中で『5、4、3、2、1』と数えます。数え終わったら必ずベッドから立ち上がり動きます。

 

このように数を数えたり、時計の秒針が12になったらスタートしてみて下さい。

やる気は脳の『惻坐核』という場所で作られます。

惻坐核は刺激を与えることでやる気を起こさせるので行動をすることが大切です。

 

2つ目は自己暗示をすることです。

言葉はポジティブなのものを選びましょう。

『できる』『成功する』などその状況にあった言葉がいいと思います。

例えば私の場合ですと、トレーニングで自己最高記録の重量に挑戦する際に『絶対にできる』『俺なら大丈夫』などと自分に言い聞かせています。

 

心と体は繋がっていますので、ネガティブになれば良い結果は出にくいと思いますしその逆もしかりです。

 

 

皆さんそれぞれに合ったモチベーションの保ち方などはあると思いますので、色々試してみると良いかと思います。

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 18 =