よく噛んで食べる大切さ

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body茨木店の長野凌です。

雨が降りじめじめとした暑い日が続いておりますが、負けずに体作りに励んでいきたいですね。

今回は、よく噛んで食べる大切さについてお話させていただきます。

 

目次

・内容の前に食べ方について

・噛んで食べるとどうなる?

・満腹感について

 

・内容の前に食べ方について

食べ方についてですが噛んで食べることはとても大切なことです。

何を食べるかはもちろん大事ですが、内容がどれだけ良くても噛まずに食べないとなると、消化や吸収に悪影響を及ぼします。

 

 

最近であれば、スマホを見ながら食事をされる方が増えていると思いますが、食事の際は出来るだけ食べることに集中し、噛むことを意識していきたいですね!

 

・噛んで食べるとどうなる?

噛むことによって食べ物が小さくなり、消化、吸収がしやすくなります。

それにより、胃や腸への負担を軽減することにも繋がります。

また、噛んで唾液が出ることにより、口腔、口臭ケアや虫歯予防、免疫力向上にも効果があります。

 

・満腹感について

噛むことによって、満腹中枢が刺激され、満腹感を得やすくなります。

これはご存じの方も多いかと思いますが、見過ごしやすいことなのです。

減量中に食事の量を減らした際に、空腹感を感じながら続けるのは、とても辛いことだと思います。

なので、よく噛んで満腹感を得ることにより、余分な間食に目がいくことなく、気持ちも楽になると思います。

感覚という少し曖昧な部分ではありますが、馬鹿にならないところです。

 

 

いかがでしたか?

食事において、胃腸に届く前の咀嚼が大事になってきます。

噛むことによって、胃腸が今から食べ物が入ってくるんだなと受け入れる準備を整えることができます。

ダイエットされている方、コロナ渦で健康を気にされるにとって食品を変えることは簡単なことではありません。

ですが、噛んで食べることはどなたでも簡単に行うことができます。

明日からでも、いつもより10回多く噛んでみて下さい。

食べ方を意識するだけで、体作りや健康の手助けになるはずです!

 

全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body