アボガドについて、、、

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの岡田紗知です!

 

突然ですが、最近トレーニングをしている女性に特に人気のアボカドはカロリーが高くてダイエット中には食べられないと思っていませんか?

確かに脂質を多く含み高カロリーな食材ではありますが、高栄養な食品でダイエット中にもうれしい働きのある栄養素を含んでいるのです。

アボカドは脂質をたくさん含み高カロリーですが、オレイン酸をはじめ、うれしい作用が期待できる栄養素を多く含んでいます。また、低糖質な食材なので、調理法や食材の組み合わせを意識すればダイエットにも適した食材なのです。

低糖質で糖質制限中に取り入れやすい食品ですが、カロリーが高くて森のバターといわれるほど脂質が多く含まれているので、ダイエット中にアボカドを食べるときには注意が必要です。

たくさん食べすぎると脂質の摂りすぎにつながります。単品でもおいしいアボカドですが、ほかの食材と組み合わせて食べることで食べすぎは防げます。

またサラダで食べる場合にはノンオイルのドレッシングを使うことで、脂質を摂りすぎずにすみますよ!

カロリーは高いのですがアボカドには食物繊維が豊富に含まれているので、食事の最初に食べると満腹感が感じられて食事量を抑えることができます。

食べる順番を意識することで、食事全体のカロリーを抑えることができますよ。

ではそのアボガドに含まれている栄養素について簡単にご紹介させていただきます。

ビタミンE

アボカドに含まれるビタミンEは、100gあたり3.3mgです。 アボカド以外ではコーン、大豆、サフラワーなどの植物油や小麦胚芽、アーモンドなどの種実類に多く含まれています。 ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞の健康を維持する働きが期待できます。

食物繊維

アボカドに食物繊維は100gあたり5~3g含まれています。アボカドに含まれる食物繊維の多くは、水に溶けない不溶性の食物繊維です。 食物繊維には整腸作用があり、便秘の改善が期待できます。食物繊維といえばごぼうなどの根菜類を思い浮かべるかと思いますが、アボカドにも含まれています。
 

葉酸

葉酸は100gあたり84μg含まれていて、アボカドのほかにブロッコリーや枝豆にも多く含まれています。葉酸には赤血球の形成を助ける働きがあり、また胎児の正常な発育を助ける働きもあるため妊娠する前から妊娠中にも摂取することが望ましいとされる栄養素です。 加熱をせずに手軽に食べられるアボカドは、葉酸も摂取できるので、妊娠中にもおすすめですよ!!

オレイン酸

アボカドの脂質はオレイン酸が主に含まれています。 オレイン酸は一価不飽和脂肪酸の一種で、悪玉(LDL)コレステロールを下げる働きがあります。アボカドのほかには、オリーブ油に含まれていることで有名ですね。 アボカドは脂質が多い食品ですが、そのほとんどがオレイン酸なので良質なオイルといえます。
 
ただしカロリーは高いので1日1個までをおすすめします。
お料理のかさ増しにもなるので是非!!
 

– 全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + eight =