コーディネーショントレーニング


こんにちは。

Top Works-Body西宮北口店トレーナーの飯田晃人です。

 

皆さん突然ですが

コーディネーショントレーニングって聞いたことはありますか?

 

コーディネーショントレーニングとは運動するための絶対的な基礎、どのスポーツにも確実な力になってくれるトレーニング。

​どんなスポーツでも目や耳などでとらえた情報を脳が認識して処理してから、手脚に動け!と指令を出します。この神経伝達をスムーズに的確に行えることが出来るようにすることをコーディネーション能力といいます。

そして、自分の身体を、自分のイメージしたとおりに動かすために最適なトレーニングが、コーディネーショントレーニングです。

 

コーディネーショントレーニングでは7つの運動能力向上できます。

まず、7つの能力を紹介します。

 

3変換能力  

状況の変化に合わせて、素早く動きを切り替える能力  

4反応能力   

合図に素早く反応して、適切に対応する能力     

5連結能力   

身体全体をスムーズに動かす能力 

6定位能力   

動いているものと自分の位置関係を把握する能力

7識別能力   

道具やスポーツ用具などを上手に操作する能力

 

 

コーディネーショントレーニングは、7つの運動能力向上を目的としたものです。

トレーニングでは子どもたちは遊んでいるだけのように見えますが、目や耳(五感)から入ってきた様々な指令を脳が処理して複数の動きの命令を次々に出していきます。

この脳が行う処理のスピード、四肢への伝達スピードを速く行えるようにする、脳からの指令を体がスムーズに動かせることを目的としています。

担当させて頂くコーチが全体の進度を見極めて少しずつ難易度をあげていきます。

小さなできたの積み重ねが、大きな自信につながります。

 

皆さんは、私に似て息子様、娘様が運動神経が悪いと思っていませんか?

なんとなく体の動かし方がぎこちないわが子をみて、「私に似て運動神経が悪い」と決めつけていませんか?

テレビやゲームの普及、生活道路、空き地の減少、学習塾などに通う子供が増え遊び仲間の減少などにより本来外遊びで養われる基礎的な運動能力が身に付きにくくなっています。

​昔とは環境が変わってきているので、様々な運動を定期的に行える環境を作ってあげることが必要になってきているのです。

 

運動神経は遺伝ではありません。

生まれてからの環境と経験によって差がついてくるものです。

運動神経というものは体を自分のイメージ通りにスムーズに動かすことができる。ということです。

運動神経を良くしていくには。。。。

​4才から12才前後の幼少期をゴールデンエイジと呼びます。神経系の発達が成人レベルまで急激に近づく運動能力をアップさせるために最も最適な時期と言われています。

この運動神経を決める貴重な時期に、さまざまな運動を経験することで神経回路がつながりやすくなります。

 

もし、お子様の習い事などが多く外で遊んだり、スポーツをする機会が少ない方是非トレーニングを受けてみてくださいね!

 

 

全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =