ダイエット中の空腹時の対処法

こんにちは!パーソナルジムTop Works-Body西宮北口店トレーナーの荒木です!

お盆期間も終わり、少しずつ夏の終わりに近づいていますね。

夏が終わっても身体作りは継続して行いたいですね!

 

僕は10月に行われるボディメイクのコンテストに向けて減量をしているのですが、

自分の身体の変化を楽しみながらもなかなかの辛さも感じています(笑)

特に食事管理に関しては食べる量も内容も気をつけています。

もちろん、食べる量も抑えているので若干の物足りなさはありますが、

仕事上身体を動かす時間が長いので、食事を摂ってもどうしてもお腹がすぐに空いてきます。

 

 

そこで、僕が実践している空腹時の対処法をいくつかお伝えしようと思います。

 

 

 

 

 

1.暖かいスープを摂る

 

どうしても何か食べたい時にはまずスープ類を積極的に摂るようにしています。

暖かいスープは液体なので満腹感も得やすく、カロリーがそこまで高くないのも

おすすめな理由です。

物によっては野菜や海藻も合わせて摂れるので、不足しがちなビタミンやミネラル、マグネシウムも補うことができます。

味噌汁やワカメスープ、卵スープなどがオススメです。

 

2.ナッツを摂る

 

ナッツの特徴としては、食物繊維が多く糖質量も少ない点です。

食物繊維が多く含まれているものは基本的には消化に時間がかかるため、

その分腹持ちも良いので、食べ過ぎには気をつけたいですが

ダイエット中の間食にはおすすめですね。

また、ナッツには不飽和脂肪酸が多く含まれているので、

コレステロールの値を抑えてくれる働きもあります。

 

3.早めに寝る

 

これは冗談のように聞こえるかもしれませんが本気で言っています(笑)

お仕事の都合上、どうしても夜寝るのが遅い方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、

いつもより数十分早く寝るだけでもOKです!

僕自身も寝るのは遅い方なのですが、起きている時間が長いほど夜中に空腹感が

強く出やすいです。

また、早く寝ることは生活リズムや睡眠の質を上げることにも繋がるので、

非常に大切です。特に睡眠時間が6時間以下の方は肥満になりやすいという

研究結果も出ていますので、尚更気をつけたいですね。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

自分の生活習慣と照らし合わせてみて、取り入れられそうなことは

是非実践してみてください!

 

– 全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body