トレーニングのBIG5


こんにちは!パーソナルトレーニングジムTop Works-Body西宮北口店の荒木です!

6月も終盤に近づき、もうすぐ1年の半分が終わろうとしていますね。

夏本番に差し掛かり皆様も日々の運動に励まれていると思いますが、

トレーナーである僕自身もトレーニングは欠かさず行っています。

そこで今日は、僕が普段の運動で大切にしている

「トレーニングのBIG5」についてお話しさせていただきます。

 

・目次

・トレーニングのBIG3

・BIG5とは?

・なぜ大切なのか?

・まとめ

 

 

 

・トレーニングのBIG3

こちらのフレーズはもしかしたら耳にされたことのある方も多いのではないでしょうか。

BIG3というのは、

スクワット・デッドリフト・ベンチプレス」

の3種目の総称のことです。

なぜBIG3と呼ばれているのかと言いますと、

ダイエットや筋肥大、筋力アップなど、どの目的においても身体作りや身体の動きの

基礎を作ってくれる種目だからです。

 

・BIG5とは?

では実際にBIG5とは何なのか?

それは、

「チンニング(懸垂)、スタンディングショルダープレス」

の2種目を足した総称のことを指します。

トレーニング中級者以上の方が行うイメージの強い種目ですが、

初心者の方も積極的に行って頂きたい種目です!

 

 

 

 

 

 

・なぜ大切なのか?

わざわざBIG5と呼ぶぐらいですから、よほど大切な理由があると思いますよね。

上述の通り身体作りの基礎を作る種目という点に付け加えて、

5つの種目の共通点はどれも”大筋群のフリーウエイト種目”という点です。

 

スクワット:大腿四頭筋

デッドリフト:大臀筋、ハムストリングス

ベンチプレス:大胸筋

チンニング:広背筋

スタンディングショルダープレス:三角筋

 

というように太腿、お尻、背中や胸、肩などの体積が大きい筋肉を、

マシン器具のような介助を受けずに自分の体1つで動作をすることが

とても重要になってきます。

 

BIG3はもちろん、付け加えたチンニングとショルダープレスは、

頭よりも高い位置で「引く・押す」の動作を繰り返すので

より身体機能の向上(体幹部、インナーマッスルの安定や関節可動域の拡大)

にも繋がります。

 

最近メディアの影響で体幹を鍛えるというフレーズをよく耳にしますが、

BIG5の種目は全て体幹部の安定性に確実に繋がります。

 

 

 

 

・まとめ

いかがでしたか?

トレーニングのBIG5はどの運動目的の方に対しても共通して行うべき種目です。

必ずしも重さを追いすぎる必要はないので、正しい動きが取れるぐらいになると

確実に体は変わってきます。

 

流行りのトレーニングももちろん良いですが、

古くから好まれている基礎的な種目には必ず理由があります。

BIG5を日々のトレーニングにどんどん取り入れていきましょう!

 

 

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body