トレーニング中のインターバル


こんにちは!

パーソナルジムTop Works-Body西宮北口店トレーナーの荒木です!

近畿地方は季節外れの暖かさが続いているのでかなり過ごしやすいですね!

 

早速ですが、

本日はトレーニング中のインターバルの時間についてお話しさせていただきます。

 

 

 

 

 

目次

・インターバルの時間の違い

・筋力向上を目指す方

・筋肥大を目指す方

・筋持久力を伸ばしたい方

 

 

・インターバルの時間の違い

目指される理想の身体、

トレーニングの目的によって当然ですがインターバルの違いが出てきます。

男性と女性での違いはあまりないと言われていますが、下記の通りです。

 

・筋力向上を目指す方

筋力向上、つまり高重量を扱えるようになりたい方の適切なインターバルは約3〜5分と言われています。

重たいものを扱うトレーニングというのは、

筋肉のみならず関節や腱、神経への疲労蓄積が大きいのでインターバルは少し長めに取ってなるべくフレッシュな状態で行うのがベストとされています。

 

・筋肥大を目指す方

一般的には1分半〜3分程と言われています。

筋肉に刺激を入れてトレーニング強度をしっかりと保ちつつも、種目自体の反復回数やトレーニングボリュームを少しでも上げるためには最適なインターバルな時間となっています。

ただ、私個人の体感としては、上記の時間にこだわることなく呼吸が整ったら次のセットに入る、その日の調子によってインターバルの時間を短く、もしくは長く取ってあげるのも良いと感じています。

 

・筋持久力を伸ばしたい方

持久力系競技をされている方や、

特に女性でそれほど筋肉を肥大させることなく身体を引き締めたい方に関しては、トレーニングで扱うウエイト自体がかなり軽く、関節や腱、神経への負担も上記2つの目的のトレーニング方法と比較するとライトなので

インターバルの時間としては、

約30秒〜1分半と言われています。

 

筋肉というのは、筋繊維の集合体の総称で主に速筋繊維と遅筋繊維に分けられます。

低負荷で行うトレーニングには、主に遅筋繊維が優位に働く言われていますが、その遅筋繊維をしっかりと発達させる為にも最適なインターバル時間と言えます。

 

 

 

・まとめ

目的が違うだけで、

インターバルの取り方まで変わってくるのがトレーニングの面白いのところですよね。

それぞれの目的にあった最適なインターバルを見つけて理想の身体へと前進していきましょう!

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body