マスクと保湿

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店トレーナーの岡田紗知です。

コロナウイルスが流行してからほとんどの人が日常的にマスクをつけているのではないでしょうか?

トップワークスボディのトレーナーも常時マスクをつけていますが、私は元々敏感肌なのでマスクをつけ始めてから肌荒れが酷くなってしまいました。。。

マスクは蒸気で顔が潤いそうなイメージですが、不織布マスクは吐いた息が水蒸気となり、マスク内に充満・肌に付着することで、蒸発する際に角質層の水分が奪われるため乾燥が進行します。

この場合、乾燥を防ぐためにはマスク内に充満した水蒸気への対策を行うことが必要です。
水蒸気を防ぐためには不織布マスクよりガーゼタイプのマスクを使用した方がいいのですが、今はマスクも品薄状態なので選べませんよね。。。

そこで本日は肌の保湿についてお話しさせて頂きます。

肌が十分に潤っていて健康な状態であっても、一日の活動(メイク・外部からの刺激・クレンジング・洗顔等)を通して水分をキープする力は弱まっていくのが普通です。

この水分保持力を取り戻すために必要なこと、ひとつ目は「睡眠をしっかり取る」です。
私たちが眠っている間に肌は回復しようと頑張ってくれるので、睡眠不足になってしまうと回復のきっかけを掴めません。

そしてもうひとつ重要なことは「シンプルなスキンケアを心がける」です。
乾燥肌だと何種類もの基礎化粧品を揃えることで解決すると思っている人は多いですが、それは間違いです。肌が乾燥しているということは、疲れている・弱っている状態だと言えます。
それなのに色々な美容成分を詰め込もうとしても到底受け止めることはできないです。むしろ乾燥が改善するどころか、アレルギーやシミの原因にもなりかねないので注意してください。

おすすめされているのはセラミドが配合されている基礎化粧品です。

セラミドは自力で生成することも可能ですが、28日周期で生まれ変わるターンオーバーを待っていては即効性があるとは言えません。

もちろんターンオーバーを正常にしていくためのスキンケアを習慣化させることも重要ですが、ダメージを受けた肌を応急処置するなら、セラミド入りの保湿クリームでパックがおすすめです。

シートタイプのパックもありますが、乾燥肌さんなら肌の奥まで浸透しやすいクリームタイプしたほうがより高い効果を発揮します。

ちなみにセラミドによる保湿効果は最大で24時間くらい維持できると言われています。

特に女性の方はお肌によってモチベーションも影響されることがあると思いますので、ぜひマスクで荒れた肌に時間をかけてみてください。

肌質が改善されると気分も良くなるかと思います!!

 

– 全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =