レストポーズ法

こんにちは!

Top Works-Bodya芦屋店パーソナルトレーナーの小林祐士です。

 

突然ですが皆さんはレストポーズ法というトレーニングセットの組み方をご存知でしょうか?

レストポーズ法とは簡単に説明すると「高強度の時短トレーニング」です。

 

目的などによって重量設定の組み方はありますがベーシックなセットの組み方をご説明します。

基本的には重めの重量でセットを組むことが多いです。

 

 

例)スクワット

1RM(1回挙げるのが限界の重量)が100kgの場合

 

1.80〜90kgで5回前後行う(限界まで)

2.その後20秒ほどインターバルを挟む。

3.同じ重量で1〜3回(限界まで)

4.20〜30秒インターバルを挟む。

5.同じ重量で1〜2回(限界まで)

1回も挙がらなくなるまで行う。

 

1セットでも負荷が強いトレーニングになります。

 

・レストポーズ法がオススメの方

 

時短でトレーニングを済ませたい

補助がおらず一人でも追い込みたい

普段のトレーニングとは違う新しい刺激を与えたい

1RMの重量を向上させたい

 

セットの組み方はあくまでも参考ですので、試したい方は是非!

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =