低体温と免疫力

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body茨木店の長野凌です!

気温が上がったり、下がったり気温が落ち着かない日が続いていますね。

そんな時期はやはり風邪や低体温など体調も崩しやすくなります。

そこで今回は低体温と免疫力についてお話しさせていただきます。

 

・低体温の原因

・低体温が免疫力の低下を招く?

・改善方法

 

・低体温の原因

主な原因としてあげられるのは代謝の低下です。

筋肉は体内で熱を発生させるのですが筋肉を使わない生活習慣により筋肉量が減ったことで基礎代謝、体温の低下を招いているのです。

 

・低体温が免疫力の低下を招く?

免疫力は体温が低下するだけで低下してしまいます。

寒さから身体がストレスを感じ、細胞の働きを低下させることで一時的に免疫力が下がります。

一時的とはいえ、免疫力が下がると感染のリスクなどは上がるので、低体温には十分気をつけていきたいですね。

 

 

・改善方法

改善には代謝をあげたり体温を上げるといった対策が有効です。

例えば、運動することや入浴などがあげられます。

運動でいえば、ウォーキングや筋トレ沢山ありますが、自宅でもできるスクワットがオススメです。

スクワットは下半身だけでなく、姿勢維持のために上半身の筋肉も使うため、全身の筋トレになります。

運動したり筋肉がつくことで代謝が上がるので、スクワットはとても有効だといえます。

入浴は10分程度つかれば体温が大体一度上がると言われています。

体温が一度上がるだけで、免疫力がかなり高まります。

ウイルスなど異常な細胞を倒すための細胞が身体が温まることで、活性化されるのです。

 

 

ダイエットなど身体作りをされている方は結果や数字などを気にするあまり体調の方に目がいかない方も多くいらっしゃいますので気をつけていきたいですね。

コロナは少しずつ収まってきましたが、油断せずいきましょう!

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。