冬といえば、、、

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの岡田紗知です。

冬!といえばインンフルエンザが大流行する季節ですね。

日常的にしっかりトレーニングして身体を鍛えていてもかかってしまう時はかかってしまいますよね。そこで本日はインフルエンザだけに限らず、様々な病気にかかりにくい食べ物を紹介させていただきます。

抗酸化力のある食べ物を食べましょう!具体的には野菜や良質なたんぱく質、体に良いと言われている油、食物繊維をバランスよく食べることが大事です。身体に良いと言われている油は、その種類によって料理への使用方法が変わります。加熱してOKな油は、エクストラバージンオリーブオイル、グレープシードオイル、アボカドオイル。亜麻仁油、荏胡麻油はそのままで加熱せずに摂りましょう。

また病気になりにくいポイントはやはりたんぱく質です。病気や感染源と戦うための抗体を作るのもたんぱく質で様々な活動をするときの脳内伝達物質もたんぱく質です。平均的な成人の身長(160~165cm)の女性で1日にたんぱく質75gの摂取がお勧めですが、体の不調を訴える方のお食事内容の多くは1日に必要な量の1/3ぐらいしか摂れていない方が多いです。たんぱく質が不足している人は色々な病気にかかりやすいので、しっかり摂っていただいたほうが安心です!

主なたんぱく源は、卵、魚、肉、大豆製品。そのうちの2種類を組み合わせて食事を摂るようにすると、今まで以上にたんぱく質を摂取できるようになるのではないでしょうか?女性の場合動物性たんぱく質(牛や豚の脂身)が苦手な方も少なくはないのでしょうか?お勧めは毎食、手のひら分くらい(約100g)のたんぱく源を摂ること。そのうちの1~2.5割がたんぱく質だとして、25g×3食でやっと1日の必要量が摂れる計算になります。

日頃のトレーニングでも言われているようにタンパク質や繊維質の食べ物は、病気に負けない体づくりでも大切になってきます。

今一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =