呼吸

こんにちは!Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの荒木隆介です!

 

最近は厳しい寒さに加えて花粉の量も厳しくなる時期になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

感染症や気候の変動に負けず頑張っていきたいですね!

 

さて、本日は呼吸を鍛えるトレーニングについてお話しさせていただきます。

普段無意識に行っている呼吸ですが、この呼吸にも多くの筋肉が活動しています。呼吸に関与する筋肉は呼吸筋と呼ばれていて、代表的なのが横隔膜と肋間筋です。

 

横隔膜は文字の中に『膜』と表記されていますが、れっきとした筋肉です。これらの筋肉の働いて肺の動きが活発になることで呼吸を行うことが出来ます。

 

呼吸筋は無意識に行う分、どのように鍛えるのか想像が付きづらいと思いますが、腹式呼吸にアレンジを加えることで、しっかりと鍛えることが可能です。

 

そこで一つ、呼吸筋を簡単に鍛えることのできるエクササイズをご紹介させていただきます。

 

ご紹介させていただくのは、『ドローイン』という種目です。

 

*やり方

①仰向けになって膝を立てる(この時に腰が浮かないよう気をつける)

②ゆっくり息を吐きながらお腹を凹ませていく

 吐き切ったポイントで10~20秒ほど浅い呼吸をしながらキープする

③キープし終わったら鼻から息を吸ってお腹を膨らませていく

④これを10回ほど繰り返す。

 

 

 

やり方としてはとても簡単で、仰向けの状態なので強度も特別高いわけではありません。

お腹の横のあたりを触りながら行うと、筋肉の動きが分かりやすく、効き感をより得られると思います。

仰向けの状態が慣れたきたら、立位や四つん這いの姿勢で行うと強度も上がってより効果的です。

 

呼吸のトレーニングで得られるメリットとしては、

・深い呼吸が出来る

・ボディラインの調整

・体幹部の安定性による姿勢や腰痛の改善

 

が主な効果です。

 

 

意識的に呼吸筋のトレーニングをすることで得られる効果は様々です。

 

是非取り組んでみてください!

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =