岡本圭介です!!

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの岡本圭介です。4月より姉妹店のPLUSH5から異動してまいりました。僕のことをご存知ではない方もいらっしゃると思いますので、少しだけ自己紹介させていただきます!

出身地は三重県の皆さんご存知’’津市’’にで海が200m先にある漁業が盛んな町で育ちました。海がすぐ近くにあったり、山もあったりと自然が豊かだったの外で遊ぶことが自ずと多くなり、体を動かすのが好きになりました。現在は大阪に住んでおりますが、引っ越してきた時は上を見上げながら歩いていた覚えがあり今思うと田舎育ち丸出しだったなと、恥ずかしく思います。

趣味は僕自身がサッカーをしていたこともあり、サッカー観戦が大好きです。特にスペインのレアル・マドリードというチームが小学生の頃から好きで、グティ選手が大好きです。もちろん日本のサッカーを観るのも好きなのでまた見に行きたいですね。

あと、最近では将来のために髪の毛や肌のケアにも気をつけています。やはりこの2つの見た目がいいと日頃のモチベーションも上がりってくると思います。

なので本日は髪の毛のケアについて書かせていただきます。

まずどんなもが髪の毛にダメージを与えるのかを知らなければいけません。そんな髪のダメージの主な原因として、以下が考えられています。

  • ストレス

  • 加齢

  • ヘアカラー・パーマ

  • 紫外線(UV)

  • 食生活の乱れ

  • 無理なダイエット

  • 夏の空調

  • 秋・冬時期の乾燥

自分自身の髪の毛の質に違和感を感じたら、これらの原因を疑ったほうが良いかもしれません。

例えば、これから気になってくる外部的要因である「紫外線(UV)」では紫外線が髪や頭皮に直接あたることで、乾燥しやすくパサパサした髪になりやすいです。乾燥がひどい状態だとパサパサするだけでなく、切れ毛や枝毛も目立つようになってしまうので気をつけておきましょう。

髪の毛のダメージの原因はわかりました。それでは髪のケアはどのようにしたら良いかを紹介します。

  • シャンプーのとき
  • 髪の毛を乾かすとき

まずはシャンプー

シャンプーをするときから「髪の毛のケア」は始まっています。正しい洗い方をして髪への傷みを軽減させましょう。

・シャンプーをする場合は、いきなり髪に付けて洗い出すのではなく、まずはお湯で髪の毛の汚れを落としてください。頭皮全体にお湯を流すことでシャンプーの泡立ちも良くなります。

・指の腹で頭皮をもむように洗うとベストです。そのためには手のひらにシャンプーを取って、頭皮になじませるようにやさしく泡立てるのがコツ。
シャンプーもたくさんの量を使わずにワンプッシュ程度でOKです。

美髪の源は洗髪からとされています。まずは洗髪からきちんと行わないと、髪の毛を乾かすときに大変になるので注意です。

 

次に髪の毛を乾かすとき

髪を濡らしたままで寝てしまったり、放置したりするのはNGです。

髪は素早く・優しく乾かしましょう。

ここからは、髪に良い乾かし方のポイントをご紹介します。

・髪の毛を乾かすときに、まず最初にやるべきことは「タオルドライ」です。乾いたタオルで髪を包み、ポンポンと軽く叩いて水分を取ります。ここで髪の毛をゴシゴシする人もいますが。髪の毛のケアではNGです。

・タオルドライが終わりましたら、続いてドライヤーをかけます。

そのときに髪の毛の近くでドライヤーをかけないようにしてください。髪の毛は一定温度以上は熱に耐えられないため、15cm〜20cm離して風をあてましょう。そして、髪の毛の根元から乾かのがポイント。また、ドライヤーを毛の流れに沿って風を当ててるのもおすすめ!キューティクルが整うので、手ぐしでもツヤのある髪の毛にすることが可能です。

 

今までヘアケアを怠っていた人、これから始めようと思っている人は、ぜひ、気持ち良く1日が過ごせるように参考にしてみてください。みなさんのパサパサ髪が、綺麗なサラサラ髪になるよう願っています!

 

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-


 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 5 =