時短トレーニング

こんにちは。

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body芦屋店の小林祐士です。

早速ですが本日は時短トレーニングについて書かせて頂きます。

時短トレーニングは様々な種類がありますが、本日は時短で追い込むことが出来る二つの方法について説明させて頂きます。

 

 

一つ目がドロップセット法という方法です。

簡潔に説明をすると、インターバルを挟まずに徐々に重さを軽くして極限まで追い込む方法です。

・方法

1.アップセットを終えたら、まず、負荷を10RM(10回が限界の負荷)にセッティングします。

2.この重量で、限界の10回までやる。

3.素早くウェイトを80%~70%くらいまで下げる。

4.そして、また、限界まで反復。

5.3~4を3回くらい繰り返す。

 

・注意点

疲れてくるとフォームが崩れやすいので丁寧なフォームで行うように心掛けましょう。

 

二つ目はコンパウンドセット法です。

1つの筋肉に対して2種目のトレーニング種目を組み合わせて鍛える方法です。

例)ベンチプレス→ケーブルフライ

上記のように同じ部位の種目を連続で行います。連続で行うことにより限界まで追い込みます。

 

・注意点

筋肉や関節に大きな負荷がかかるので、ある程度トレーニングに慣れてからがオススメです。

2種目連続で高重量を扱うのは怪我のリスクが高まるので気を付けましょう。

 

 

あまりトレーニングの時間が取れない方は是非試してみてください。

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body