減らしすぎ注意!脂質の役割

こんにちは!パーソナルジムTop Works-Body西宮北口店の荒木です!

朝晩はだいぶ秋らしい気候になってきましたね。

僕はまだまだダイエットの真っ最中です。(笑)

 

来月に行われるコンテストに向けて減量を進めているのですが、

カロリーはもちろん、特に「脂質」を極限まで減らして食事を摂っていました。

 

本日のタイトルでもある脂質の役割とは、

主に、

 

・エネルギーの貯蔵

 

・体温の保持や内臓の保護

 

・ホルモンの生成

 

などといった役割があります。

 

 

 

 

脂質=油と連想される方は多いのではないでしょうか。

間違いではないのですが、

脂質を多く含む食材として、

乳製品、魚介類、アボカド、卵などといった健康に良いものも多くあります。

 

僕は減量中の脂質は必要量以外は摂りたくないと考える人間なので、食材から摂れる

脂質以外は何も摂っていませんでした。

 

食材もほとんど鶏の胸肉やプロテイン、野菜、玄米が中心だったので、

必要量にも満たないほど脂質を抑えすぎてしまっていました。

 

その結果、かなり苦しい便秘に苦しめられ腸内環境が乱れまくってしまい、

体重も落ちず腹部が浮腫んだような状態に陥ってしまいました。。。

 

 

 

 

摂取カロリーも毎日計算してトレーニングもしているはずなのに、

何でこんなことになるんだと落ち込んでいたら、

 

先輩トレーナーから

「脂質の量を増やしてみたら?」

と言われ実際に増やしてみると2日ほどで便秘も体重の停滞も改善されました。(笑)

 

増やしたのはコーヒースプーン1杯分のMCTオイルですが、

たったそれだけでかなり体内の状態は変わりました。

 

 

 

 

僕の場合は、腸内環境に影響が出ましたが、人それぞれ影響が出る点は変わってくると

思います。

頑張ってダイエットを進めている人ほど、摂生のしすぎで体調を崩すということも

よくあることです。

 

基本的なことではありますが、

健康的な体作りを目指す上では三大栄養素のバランスはとても大切です。

 

脂質に限らず、他の栄養素を控えすぎたり、はたまた過剰に摂り過ぎたり

することのないよう今一度、自分の食生活を見直して理想の体に近づいていきましょう!

 

全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body