白米について

Top Works-Body芦屋店パーソナルトレーナーの小林祐士です。

 

突然ですが皆さん、朝食はお米派ですか?パン派ですか?

僕はお米派です。朝食は魚を焼いて食べることが多いのでお米が多いです。皆さんの中でもお米が好きな方は多くいらっしゃると思います。

 

以前もち米について荒木トレーナーが書いていましたが僕は本日、お米について書きたいと思います。

お米は太るイメージがある方もいらっしゃると思います。

最初に結論を申し上げますと、適量を摂取して食べ過ぎなければ太らないです。

むしろ食べなさすぎると代謝が落ちてしまって逆に太ってしまう可能性があります。

 

そこでお米の栄養成分が身体にどのような影響を及ぼすのかお話をします。

 

お米の主成分は炭水化物です。炭水化物は脳や筋肉のエネルギー源になります。 

炭水化物が不足すると頭が働かなくなる、力が出にくくなりますので炭水化物は身体にとって必須の栄養素となります(例外にケトン体という脂質をエネルギーにする食事法もある)。

 

だったらパスタやパンなども炭水化物だから良いじゃないかと思う方もいらっしゃると思います。

それでも僕がお米をオススメする理由は上記の食品に比べて脂質が少ないです。

その分カロリーは抑えられますし、さらにはお米の方が適量が分かりやすいからです。パンなどは種類によっても全く成分が異なりますがお米はほとんど同じです。

さらには食物繊維も入っていますし、腹持ちも良いです。

 

 

お米一度の食事に摂取する適量は人によって異なりますが、おおよそ茶碗一杯(おにぎり一つ)ぐらいです。

もちろん運動量や色んな要素によって適量は異なりますのでご注意ください。

 

お米は抜きすぎず、食べ過ぎず注意して食べるようにしましょう。

 

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

 

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =