筋の柔軟性

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店、パーソナルトレーナーの岡田紗知です。

突然ですが、トレーニングの前後や日常的にストレッチやケアを行っていますか?

またその役割や重要性をご存知でしょうか?

運動前にストレッチを取り入れることによって、” 運動のパフォーマンスを向上する “、” 怪我予防 “、” 筋肉の疲労回復効果 “と、このようなメリットがあります。
ストレッチというと柔軟性を向上させるイメージがありますが、筋肉の温度を高めたり、神経からの伝達速度を速めたりする効果も期待できます。

また身体の柔軟性が低下している状態で激しい運動をすると、筋や筋肉を傷めてしまうリスクがあり、他にも柔軟性の低さから転倒など突然の出来事で大きな怪我をしやすくなるため注意が必要です。
しかし運動前にストレッチを済ませておくことで怪我を予防することが出来、安全に運動を楽しむことができます。
とくに” 普段あまり運動をしない “、”  運動時は激しい動きが多い “などの方は、運動前にストレッチをしていないと大きな怪我を負うリスクが高くなります。
運動をする際には必ず、怪我予防のためにもストレッチを行うことをおすすめします!


最後に運動後の筋肉には疲労がたまっていますが、こうした状態を放置してしまうと翌日以降の身体のだるさや不調、パフォーマンスの低下に繋がってしまいます。
ですが、運動後にストレッチを行うことにより効果的に筋肉の疲労を取り除くことができ、身体の回復を早めることができるます。
しかし運動後のストレッチはテンポ良く行うのではなく、ゆっくりと呼吸に合わせて行うのが理想になります。

30秒ほどかけて深呼吸し、ゆっくりと筋肉を伸ばすイメージでストレッチを行ってください。

 

急激な気温の低下や冬の寒さで体を痛めてしまわないように、普段からセルフケアを行って行きましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 -すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =