筋トレvs有酸素

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body芦屋店の谷口達郎です。

 

 

今回はダイエットには筋トレ❓有酸素❓どちらがいいのかをメリット・デメリットについて書いていこうと思います。最後まで見ていただけますと幸いです。結論は両方行うのがベストです。

有酸素運動のメリット・デメリット

 

 メリット

・カロリー消費できる

正直、摂取カロリーより消費カロリーの方が多い方が痩せるんですね!

30分以上から脂肪燃焼が始まり、基本的に有酸素は全身を使うのでカロリーを消費してくれます。

 

・心肺機能が高まり持久力が付く

筋力トレーニングよりも長く心拍数を上げてくれるので心肺機能が高くなり、体力や動作に対する持久力の向上。

 

・メンタルに良い

心拍を長時間ハイテンポで稼げるので脳の記憶や判断力、認知機能を操作する場所の血管を拡張しネガティヴ思考を遮断してくれます。脳からの司令が全身に行き渡る物質が放出するので頭がクリアになります!

 

 デメリット

・筋肉を分解する

ハードな有酸素運動は全身に筋肉を分解してエネルギー源にするので、適切な栄養補給をしないと筋肉量が落ち、代謝の低下。

・鍛える場所を選びにくい

基本的に全身運動なのでメリハリというよりもサイズダウンするイメージ。

足だけ痩せないなどの原因になりがち。

 

筋トレメリット・デメリット

 メリット

・新陳代謝が上がる

カロリー消費60%を占める基礎代謝が上がり、代謝を担っているのはほぼほぼ筋肉ですので日常生活の代謝が効率的に!

・メリハリのある健康的な体

筋肉は大きくする事も出来ますし、逆に小さくすることができます!

フォームをしっかり狙えば自由自在に変身できます。

 

 デメリット

・持久力はつかない

心肺機能はある程度向上いたしますが有酸素に比べると体力や持久力は頭打ちです。

 

・結果までに時間を要する

1ヶ月で結果を出そうと思えばできないことはないですが、健康的にリバウンドしない体作りは時間がかかりますね。

一番良いのは週に3回運動ができるのが良いですね!

 

全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

 


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body