腰痛の原因にも、、、

こんにちは。

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの岡田紗知です。

突然ですが、皆さんは腰痛を経験したり慢性的に悩んでいませんか?

腰痛がある方は何故痛くなるのか考えたことはありますか?

デスクワークが多いから ” 、 ” 猫背で姿勢が悪いから ”と考える方も多くいると思います。

そこからの改善はいかがでしょうか?

トレーニングで腰を不安に思ったり、痛めたりする方は何故そうなるのか?

単純に体幹が弱いから?

トレーニング時にトレーナーが正しいフォームへアプローチしたり、改善するためのメニューを組んでくれると思いますが、やっぱり本人が理解して取り組むのが1番効果があると私は思うので本日は脊柱の可動域について簡単にお話しさせていただきます。

 

人の脊骨は頚椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)から主になり、

各可動域としては頚椎 屈曲35〜50° 伸展80〜90°、胸椎 屈曲30〜40° 伸展20〜25°、腰椎 屈曲50° 伸展15°

※屈曲 : 前屈姿勢 、 伸展: 後屈姿勢

 

イメージでいうと腰椎が一番動きそうな、現に姿勢の崩れている方は腰の丸まりが気になるかと思いますが、実は腰の可動域って少ないんです。

胸を張る姿勢で腰が張る方は、胸椎の部分が動いてるのではなくて腰から反らしていることが多くあります。

 

実際に前屈と後屈を行ってみてください。

胸から丸めるイメージで行うと少し楽になるかもしれません。

トレーニング時に胸を張ると時も鏡で腰から反らしていないか確認してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。 

 
パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + eight =