腹筋をバキバキに!!

こんにちは!TopWorks-Body神戸元町店パーソナルトレーナーの岡田和磨です!

シルバーウィークも昨日で終わりましたが皆さんはどうお過ごしでしたか?

神戸はずっと天気が良かったですね!観光客なのか人がとても多く感じました!

私は変わらず筋トレ三昧でした😄笑

今は腹筋が絶賛筋肉痛です😂

 

という事で今回は腹筋をバキバキにするという事についてお話していきます。

腹筋をバキバキにしていく、かつ下腹部のたるみを取る為にという話になるのですが、

まず前提条件として世の中にどのような情報が溢れているか簡単に解説していきます。

一般的にネットで下腹部を鍛えたいたるみを取りたいと調べると多くのケースとしてレッグレイズなどの種目が出てくると思います。少なくとも腹筋を鍛える事で腹筋の脂肪を取る、腹筋を割る。と考えられがちな記事が多い気がします。

結論から言いますとこれは効果が出にくいです。

腹筋が綺麗に見えるか、たるみがないように見えるかどうかなどは

内蔵脂肪、姿勢、アライメントで見る事もあるのですが、

筋肉や脂肪だけにフォーカスを当ててみると、やはり根本原因は脂肪が溜まっているという事になります。

 

そこで脂肪が溜まっている問題を解決するためにトレーニングをしていくわけですが、、

全くないとは言いませんが、その部位をトレーニングしてもその部位の脂肪が積極的に燃焼される度合いというのはたかが知れてます。

なので腹筋トレーニングをして腹筋を割ろう。では中々難しいわけで、

ではどうアプローチをかければ良いのかと言いますと

面積・体積の大きい筋肉を鍛えることで、全体的に代謝を高める。全身的にバランスよく脂肪燃焼する。というのがやはり効果的ではないのかなと思います。

なので正しいフォームを前提としてですが、下半身、背中、胸の筋トレや有酸素運動を行えば必然的にお腹の脂肪などは取り除かれていきます。

これによりお腹の上に乗った脂肪を取り除けられれば、

人間は本来、腹直筋に関しては老若男女問わずほぼ全ての方が腹筋は元々割れているので

割りたいと考えた時に重要なのは

上に乗っている皮下脂肪がなくなり、腹筋の割れ目がいかに綺麗に見えるかが重要になってきます。

ですので全身的に使うような運動で脂肪を取り除いていってください。

 

そしてレッグレイズに関してですが、

下腹部に効くトレーニングで有名だと思います。

クランチのような従来ある腹直筋トレーニングは腹直筋の上部によく効くと言われています。

一方レッグレイズのような骨盤を後傾する動き、つまり背中を丸くしてお尻をギュッと締めるような動きが積極的に見られる種目に関しましては、下腹部の強化、腹直筋下部のトレーニングと一般的に言われますが、

レッグレイズに関しては、積極的に骨盤の後傾が起きているというよりかは、

レッグレイズを行うときに腰が反って背中を痛めてしまわないように常に背中を地面に押し付けている。常に骨盤を後傾している。という事になります。

どうなってるかと言うと筋肉の長さがそこまで変わってないのです。

筋収縮の中ではアイソメトリックス(等尺性収縮)として鍛えている事になります。

筋肉を鍛える上での基本原則である【筋肉が縮む、伸びる】という反応が

起きづらい種目であるということです。

効果をだ出したいのなら、地面と平行に寝るよりもベンチ台の上に寝ることで足を過剰に下までおろすとか、足を上げる際に誰かに抵抗を与えてもらうなどの工夫をする必要があります。

なので何も道具も使わずにセルフで家で行うのであれば普通のクランチでも

背中の隙間がないように地面に押し付けて骨盤を後傾して、息を吐きながら肋骨を下げた状態で行えば、下腹部にも効かせることはできますので皆さんも是非試してみて下さい!!

 

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 10 =