表層筋と深層筋

こんにちは。Top Works-Body元町店パーソナルトレーナーの岡田和磨です。

だいぶ暖かくなってきましたね☀️

もう薄着の方をちょくちょく見かけるくらいになりました!

私ももうアウターは着てません。

神戸は今晩から明日にかけて雨らしいのでお出かけの際は傘を忘れないよう注意しましょう!🌂

 

 

さて今回話す内容は表層筋深層筋です。

他の言い方ではアウターマッスル(表層筋)、インナーマッスル(深層筋)なんかとも言います。

こっちの呼び方のほうが聞き覚えのある方が多いかもですね。

 

この二つの違いを簡単に説明しようかと思います。

 

深層筋(インナーマッスル)

機能としましては、主に姿勢を細かく調整したり、関節や内臓の位置を正常な位置に保ったりする働きがあります。表層筋(アウターマッスル)の補助的な役割という感じですね。

表層筋(アウターマッスル)

機能としましては、大きな力を生み出し、関節を動かす。

外部の衝撃から体を守るなどの働きがあります。割れた腹筋や大きく盛り上がった大胸筋など、目に見えたり触って確認できる筋肉です。

 

どちらも大事な筋肉になりますが、目的に合わせてインナーマッスルとアウターマッスルのトレーニングができるといいですね!

勿論、どんな時にどのようなトレーニングをするかはトレーニングの際に聞いてくだされば丁寧にご説明させていただきます!!

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body