身体を動かそう!!

こんにちは。

Top Works-Body神戸元町店パーソナルトレーナーの岡田和磨です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により、全国的にテレワークが広がる今。

運動不足に陥る方が増えつつあります。

今回はそんな人達のために対処法をアドバイスします。

 

現在、コロナウイルスの影響で、多くの企業が在宅勤務の体制へと切り替えています。「私もその一人」という方、出勤生活から在宅勤務になり今日で何日経ちましたか?

 

身体を使わない生活が続くと筋肉が落ちてしまいます。

筋肉は非常にエネルギーを使う器官です。筋肉量があるほど基礎代謝も高く、横になっているだけでもどんどんエネルギーを消費します。

例えば入院時の身体はケガや病気を治すためにパワーが必要ですが、筋肉量が多いと治療に使いたいエネルギーまでごっそり持っていかれてしまいます。つまり、動かさなくなった体にとって筋肉は邪魔者、必要の無いもの扱いになってしまい、どんどん削られてしまうのです。

 

実は在宅勤務に切り替えた方の体は、入院時と同じことが起きてます。

「いやいや、座って仕事してるし、寝たきりとはぜんぜん違うでしょ!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし残念ながら寝たきり状態もイスに座って仕事をしてる状態も、身体の活動量からみるとほぼ変わりません。

 

まず、自宅勤務になると、脚を使う機会が極端に減ります。多くの方は仕事前に、飲み水やリモコンなどデスクに必要な物を揃えておくと思います。体を移動させるのはせいぜいデスクからトイレに行くときぐらいかと思われます。

特にエネルギーを食う臀部や脚の大きな筋肉は早々に「邪魔者認定」され、下半身の筋肉はどんどん削ぎ落とされます。すると、基礎代謝が減るので当然太ってきますし、動かないことで足腰が痛くなったり、弱くなったりもします。長期間続けば、食べ過ぎによる疾患も出始めます。

 

筋肉は1日単位で、日に日に落ちていきます。

しかも一週間、二週間と続くと加速的になくなっていきます。20代でも2週間で結構落ちるので、30代、40代となれば尚更です。

 

では、この状況から脱するためにはどうしたらよいのか?それが『運動』です。

日本では現在、運動のための外出は制限されてませんので、散歩(ウォーキング)を60分するだけでも凄く効果はあると思います。最初は面倒くさいかもしれません。ですが、頑張って何度か続けていけばいつか習慣になります。「朝起きたらまずウォーキングをしてから朝ごはん」とか、生活リズムのどこかに入れてしまえばいいのです。リフレッシュにも良いと思いますので是非やってみてください!!

 

あとは私たちスタッフが口すっぱく言っていますが、筋トレも重要です!

西島トレーナーがインスタグラムで家トレを沢山紹介しておりますので、是非参考にしてみて下さい!!

@twb_yuki    ←西島トレーナーのアカウント

 

 

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

 Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =