逆子治療

こんにちは!
パーソナルジムTop Works-Body西宮北口店の岡田紗知です。


10月から緊急事態宣言が明けて、朝晩かなり冷え込むようになってきましたね。
でも日中はまだまだ暑くて服装に困る季節です、、、
皆さんはもう衣替えなどはされましたか?
お布団もそろそろ冬物に変えないといけないですね


本日は妊婦の逆子に効くという”至陰・三陰交”というツボについてご紹介させて頂きますね。

至陰 : 足の第5指、末節骨外側、爪甲角の近位外方1寸、爪甲角外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点
三陰交 : 下腿内側、脛骨内縁の後際、内果尖の上方3寸
要はふくらはぎの内側で内くるぶしの指4本分上と足の小指の爪の右下の角にあたります。

逆子になる理由についてはお母さんのお腹が冷えて、赤ちゃんは本能で生きているため身体の安全を守るために逆子になると言われています。
そのため足元を温めてあげると逆子が戻るので、鍼治療ではなく灸を据えて温めます。

逆子が戻るには個人差があるので、戻るまで根気よく灸を据えてあげてください。
実際にわたしの学校の先生は過去の治療で治らなかったのはたったの2名だったそうです。


34週頃までだと戻ると言われているので
是非逆子になった際は灸治療を受けに行ってみて下さいね!


-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body