食べ過ぎた時のリセット法

こんにちは。

パーソナルトレーニングジムTop Works Body千葉柏店の鈴木です。

 

GW中のお客様のお話を聞かせていただくと、食べ過ぎてしまった、とおっしゃる方が多いですね。

私もそうです…。笑

 

今年は特に旅行などを控える分、ご自宅で少し豪華なものを食べたりしたのではないでしょうか。

 

GWが終わり、いよいよ夏が目前となりました。

本格的に薄着になる前にもう一度ダイエットへのモチベーションをあげ、一緒に頑張っていきましょう。

 

ということで本日は、連休中の食欲をそのままにしてしまわないように、

食べ過ぎた時のリセット方法について書かせていただこうと思います^ ^

 

 

目次

・ビタミンB群の摂取

・カリウムの摂取

・腸内環境を整える

 

 

・ビタミンB群の摂取

ビタミンB1には糖質をエネルギーに、ビタミンB2には脂質をエネルギーに変える役割があります。

またビタミンB3、B5なども糖質や脂質の代謝に大きく関与している栄養素です。

 

美味しい食べ物は糖質と脂質が高い傾向にあり、よりビタミンB群が必要となるのですが、過食やアルコールの摂取によってビタミンの消費量が増えてしまいます。

 

不足しないように、リセット期間は特に意識をしてビタミンB群を摂取するようにしましょう。

 

豚肉やうなぎ、玄米、納豆などに多く含まれます。

 

・カリウムの摂取

加工食品などの調理済み食品は、美味しく感じさせるために基本的に味付けが濃くつけられており、塩分過多になりやすいです。

塩分を摂りすぎると、むくみの原因になります。

カリウムは体内の余分な塩分を体外に排出する効果がありますので

リセット期間には積極的に摂取していきたい栄養素です。

 

バナナやアボカド、きゅうり、海藻類などに多く含まれます。

 

・腸内環境を整える

過食や脂質の多い食事は腸にストレスを与え、腸内環境が乱れやすくなります。

リセット期間は、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることはもちろんのこと、食物繊維の多い食品、乳酸菌の含まれる食品などを摂取していきましょう。

 

きのこ類、海藻類、お芋類、ヨーグルト、発酵食品を積極的に摂るようにしましょう。

 

 

食事と併せて、適度な運動と質のいい睡眠を心がけていくことが重要です。

リセット期間は1週間程度設けて、

胃・腸を休ませてあげてくださいね♪( ´▽`)

 

 

 

 

-すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

 

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body