食べ過ぎをリセットする食事の取り方

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーニングジムTopWorks-Body芦屋店トレーナーの谷口達郎です。

 

 

これからクリスマスや忘年会、年末年始など行事や、イベントなど続く日が多くなってくるのではないでしょうか?

 

そして今回は、食べ過ぎをリセットする食事の取り方について書かせて頂きます。

例えば、焼肉やしゃぶしゃぶなどでお肉をたっぷり食べてしまった場合は、翌日から2日間はお肉を減らす、ケーキやスイーツを食べ過ぎてしまったら砂糖や油を抜くといった感じです。

 

リセットする食事の取り方は、リセットは2日間集中して行う。

余分なカロリーが体脂肪になるまでの時間は、栄養素や条件によって違いはありますが、12時間以内に脂肪として蓄えられると言われております。

2日間集中した食事調整であれば実行しやすいと思います。(そこに2日間の運動によるカロリーの消費によって食べ過ぎたものが体脂肪に変わる前に消費しましょう。)

 

1日3回の食事回数を守りましょう。

1日1食にするなどの長い時間の断食状態は、体脂肪を合成しやすくなる傾向がありますので、少量を3回に分けて食べた方が代謝を高められて、リセットが成功しやすくなります。

 

野菜をたっぷり

代謝アップのためにも欠かせないビタミン、ミネラルと食物繊維たっぷりの野菜。おすすめは温かい野菜スープです。内臓に負担をかけないことも大切です。

 

主食も食べる

ご飯などの炭水化物を含む主食は、代謝を正常に保つために必要です。

全く主食なしでは炭水化物が不足して体がだるく感じたり、余計に甘いものが食べたくなったりすることもあります。リセット中であっても、通常食べている量を控えめにしながら、毎食食べるようにしましょう。(炭水化物抜きダイエット方法もありますが、今回はリセット方法としてご覧下さい)

 

水分をきちんと摂る

代謝を促すには水が必要です。

アルコールやコーヒーなどは利尿作用はありますが、カロリーが高いので、ノンカロリー飲料やお茶か水にしましょう。

食べ過ぎのリセットは、内臓の働きも大切です。

 

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。

 


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body